本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


怖くないよ そばにいればいい
ためらいに ふるえても 振り向かないで
もう
はなさない はなさない
はなさない はなさない
悲しい あなたが きれいで

~プルシアンブルーの肖像~


某日。
ゆっくりと昼ごろ起きて、読書会の課題本「丘の屋敷」を再読してから神保町へ。
今回の課題本は私が推薦してみんなに読んでもらった本なので、少し緊張する。
ほんとにすこぅしだけど。
実際、ほんとうにオススメの本は同じ作者、シャーリイ・ジャクスンの「ずっとお城で暮らしてる」でまさに幻想耽美の極み、転げ廻るほど居心地の作品で、私を幻想小説の虜にした作品なんだけど、そこはそれ、映像化もされていて読みやすい作品を提案してみた次第なのです。

読書会のディスカッションが始まってからも映画の話題について出ましたが、映画を観たという人もリメイク版の「ホーンティング」しか観ていない様子。
ちなみに映像化作品は「たたり」「リメイク版:ホーンティング」が出ています。

「たたり」は
監督:ロバート・ワイズ「サウンドオブミュージック」
主演:リチャード・ジョンソン(博士)、ジュリー・ハリス(エレーナ)、クレア・ブルーム(セオドラ)
「ホーンティング(たたりのリメイク)」は
監督:ヤン・デ・ボン「スピード2」
主演:リーアム・ニーソン(博士)、リリ・テイラー(エレーナ)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(セオドラ)

私は「たたり」しか観てないのですが、「たたり」のほうは原作に割と忠実。
ただ、エレーナの俳優ジュリー・ハリスは色っぽさが全然ない、田舎の素朴な奥さんみたいな感じ。
うーん、クレア・ブルームのセオはかなりマッチしていたんですけど。

そもそも原作を読んだ時点で、エレーナの薄幸な感じや妄想癖があるところから、頭の中で安全地帯の「プルシアンブルーの肖像」がエンドレスで流れ続けていて、エレーナを美化していたのです。
思えば、丘の屋敷が登場したときから、この小説の本当の主人公は屋敷であると感じて、屋敷の視点でエレーナを追い回しているうちに終わってしまった気がします。

そして忘年会。
あえて詳しくは書きませんが(笑)
お酒はどんな哲学者の話よりも偉大だというZARDの歌詞を思い出しました。
なんとなく。

あ~、あの歌なんだったか。
話は変わって、昔ZARDファンだったんですが、坂井さんが亡くなってから実際、本当に1度もZARDの曲を聴いてないです。
なぜか、自分でも理由が分かりません。









スポンサーサイト
冷血 (新潮文庫)冷血 (新潮文庫)
(2006/06)
トルーマン カポーティ

商品詳細を見る
 カンザス州の片田舎で起きた一家4人惨殺事件。被害者は皆ロープで縛られ、至近距離から散弾銃で射殺されていた。このあまりにも惨い犯行に、著者は5年余りの歳月を費やして綿密な取材を遂行。そして犯人2名が絞首刑に処せられるまでを見届けた。捜査の手法、犯罪者の心理、死刑制度の是非、そして取材者のモラル―。様々な物議をかもした、衝撃のノンフィクション・ノヴェル。

 世界初のノンフィクション・ノベルと言われる「冷血」。カポーティの恐ろしいまでの密に入った取材結果から、自分が事件の渦中にいるような感じを受けるほど。  しかしカポーティが(おそらく)ペリーに対して残したと言われる文章、「同じ家で生まれた。一方は裏口から、もう一方は表玄関から出た。」はどこにあったんだろう。読み飛ばしてしまった。
犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題 (カッパ・ノベルス)犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題 (カッパ・ノベルス)
(2008/01/22)
法月 綸太郎

商品詳細を見る

 待望の法月綸太郎の新作短編。法月綸太郎と言えば「生首に聞いてみろ」やその他評論集で結構固いイメージがついてしまっていたのですが(頼子、誰彼、赤い悪夢・・・もともと固かったかも)新作はどちらかというとかなりソフト。「法月綸太郎の冒険」シリーズの延長のような軽い短編であっさり読めます。各エピソードはギリシャ神話をベースとしており、神話ファンにも楽しめる1冊。読後はなんとなくモッサリした感じを受けたけど、あらためて考えてみると神話+ミステリはなかなかおもしろいかもしれない。
★★★☆☆
 最近読書の時間がなかなか取れていない。にもかかわらず、本を買うペースは落ちていないので、部屋の各地に本の小山ができている。ちくま文庫の織田作之助や、これまたちくまのエレンディラなどのゆっくり読むタイプの往年の名作や有栖川有栖のエッセイなどはいいとして、あっちには歌野晶午の新作、こっちには落語の本まで積んであるというパラダイス状態。今はケン・グリムウッドの「リプレイ」を読んでいるのだけれど、これがまたなかなかにもどかしい。おいおい崩していくとして、今回は音楽の話題。

 いまさら、本当にいまさらだけど、SHOW-YAがいいとか言ってみる。懐古趣味もいい加減にしろと言われそうだが、懐古する時代には聴いていなかったので懐古ではないのかもしれない。SHOW-YAを知らない若い世代(私もこれに含まれるのだが・・・)の為に解説すると、SHOW-YAは1985~1998に活躍した女性五人で結成されたバンド。代表曲は「水の中の逃亡者」「私は嵐」「限界LOVERS」など。とにかく、一言で言うとバブリー女性メタルバンド。バブル時代(のものであろうと推測)の派手な衣装と髪型、ベースソロや長いギターソロなどふんだんな楽曲、ボーカルのメタル声。ソロ活動後のリタ・フォードみたいな感じ。特に髪型がすごい。明らかに前時代的のトサカヘアー(ブームは得てして前時代的である)で、今見るとキャバ嬢にしか見えない。いや、キャバ嬢にも見えない。でも、でもと言っちゃ変だけど、曲は本格的なJAPANメタルだ。メターな人にはたまらないでしょう。
 そもそもこのバンドを知ったのは、デーモン小暮のアルバム「GIRLS' ROCK(色々な歌手の楽曲を歌ったアルバム)」を聴いてから。もちろんジャパメタファンには閣下は外せない存在でしょう。
 最近の曲でもいい曲はたくさんあるけど、他人がいいというものをそのまま聴き続けると、一定の型にはめられて、番号を振られ、死ぬ。
 水前寺清子の歌に、三歩進んで二歩下がるという歌があるけど、私は逆。二歩下がって三歩進む。三歩進めているかは、この際考えないことにするけど。

SHOW-YA 動画

限界LOVERS
ボーカル入る直前のギター回し。フラフープ仕様のギターです。
私は嵐
ギター&ベース回し。ベースは重いので回すの大変そう。
ROCK'N ROLL
SHOW-YA版ROCK'N ROLL。言わずと知れたLED ZEPPELINのカバー。観客もノリノリで震えるほどすごい。ロンリロンリロンリ~~・・・・・・・。今まで聴いたZEPカバーの中で一番かも。
本がテーマになっているレイアウト(スキン)があったのでブログのイメージを変えてみました。

最近、週に1度くらいのペースで本を買いに神保町に行っています。私が読みたいような本は、大体新刊で買えるので、書泉グランデとか三省堂といった書店がメインですが。
そして本の街というだけあって、いたるところに喫茶店が。
本を買った後、喫茶店に入り、落ち着いた店内で買ってきた本を開き珈琲を飲む。
いやぁぁ、至福だあ~。
25時 スペシャル・エディション 25時 スペシャル・エディション
エドワード・ノートン (2004/09/10)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


 ニューヨーク。ドラッグディーラーのモンティ(エドワード・ノートン)は明日、収監される。刑期は7年。残された最後の自由な24時間を、彼はどう過ごすのか・・・。<みんなのシネマレビューより>

 男が刑務所に入れられるまでの1日を追っているのでダラダラした展開になってしまっている。しかし、そのダラダラした中での親友達や妻の心理描写が、全てラストシーンに生きてくる。一部なんであるのかよくわからないシーンもありますが・・・。
 たぶんラストは好き嫌いが分かれるとおもいますが、私としてはこんな演出があってもいいのかと。脇を固める俳優、バリー・ペッパー、フィリップ・シーモア・ホフマンがいいです。
 あと音楽。まさに映画音楽というような感じです。

 24のパチ物なんて、冗談ではない!
ミスティック・リバー ミスティック・リバー
ショーン・ペン (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る



あのとき、車に乗っていたのが自分ではなかったら・・・。
少年時代のある忌まわしい事件を境に、別々の道を歩むことになった3人の親友。ジミー、ショーン、デイブ。
そんなある日、ふとしたことがきっかけで3人がめぐり合った時、悲劇の闇が彼らに覆いかぶさった。
監督クリント・イーストウッドが、心の闇と人生の悲哀を河にゆだねる。

久しぶりに”いい映画”を観ました。出演者の音声解説まで全部見てしまったほどです。(音声解説のほうがおもしろい場合もありますが・・・)
ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコンの3人の主役俳優がそれぞれの役に合わせた良い演技をみせてくれます。
暗い映画。と言われれば確かに暗いですが、映画としてみるには心地よい。感覚的には「暗い」より「重い」ですね。自分好みの重さでした。

人の生活が変わっても、どんな悲劇が起きようとも、河は今日も明日も流れ続ける、という世界が好きです。そんな演出はありませんけど。

イーストウッドさんもいい映画撮るネェ。
フォーガットン フォーガットン
ジュリアン・ムーア (2006/11/29)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る




一人息子のサムを飛行機事故で失ったテリー。息子の死から14ヶ月を経た今も、彼女は悲しみから立ち直れずに苦しんでいた。しかし、夫も主治医もサムはもともと居なかった、飛行機事故など無かったと言い始める。大切な息子の記録であるアルバムもビデオもいつの間にか消え去ってしまった。息子の記憶は彼女の妄想?それはテリーにはどうしても受け入れられないことだった。そして背後に蠢く強大な陰謀の気配。果たして真実は?
<みんなのシネマレビューより>

  『シックス・センス』以来、最も衝撃的なスリラー。
消えていく ー 愛するものが、信じていたことが・・・

この宣伝文句に全米が見事にだまされたでしょう。
ひっどい映画。
でも前半20分くらいは、情緒あふれる街並みに魅せられ、サイコスリラーのような展開に引き込まれてアタリ作かなぁとも思ったんですけどね~。途中からズルズルとイヤな予感のする方向へ・・・。

で、その後思い切り三流ロードを突き進みベタすぎて着地してはいけないところへ着地(笑)
ストーリーのつじつま合わせもまったくせず、わからないことはわからないとキッパリ切り捨てる潔さ(笑)

アマゾンのレビューにもありましたが、人が空に吹っ飛んでいくシーンは見せ場といっちゃ見せ場です。豪快というか、やけくそ。

イメージで言うと、製作チームが途中までサイコ路線で作っていたんだけど、エライ人が宇宙人宇宙人言い出して無理やり押し通したので、製作チームもバカバカしくなって、ヤケクソに作ってしまった感じ。

シックスセンスとか、まったくカンケーないね!
ミステリの書評だけをまとめたHPを開設しました。
まだ取っ掛かり工事状態ですが、こちらもよろしくお願いします。
「Book Reference」
http://rakugomaister.web.fc2.com/index2.html
奥さまは魔女 奥さまは魔女
ニコール・キッドマン (2006/07/26)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


 「奥さまは魔女」を元にリメイク映画を作るというストーリー。その魔女役に抜擢したイザベルは、実は本当の魔女だった。
なのでリメイク作品ではありません。
 なんとシャーリー・マクレーンが出てる。なかなかチャーミングなおばあちゃんになっていました。もちろん昔のほうが良いですけどね。映画はまったりとしたドラマみたいでさわやかな感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。