本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺はその日、ひとりで電車に乗っていた。
言わずもがな、宇都宮線(上り)、だ。
JR大宮駅から南下し、ちょうど浦和駅を出たところだった。

夕方。
まだ時間が早いのか、通勤・通学帰りの乗客はなく、車内は比較的閑散としていた。

寒くもなく、暑くもない。そしてポカポカと眠気をもよおす温かさでもない秋。
秋は、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋、などとも言う。
俺は全部こじつけだと疑わないが、そこには何か、人が過ごしやすい理由があるのだろう。

例によって、俺は本を読もうとしていた。
しかし3分後、投げ出すことになる。
原因は、ツマラナイ、の一言につきた。
つまらない本を持って電車に乗ってしまった時ほど退屈なことはない。
見慣れた風景。なんとなく、窓の外の温度が伝わってきそうだった。

俺は、赤羽で降りて湘南新宿ラインに乗り換えるか、と独りごちた。
これから横浜まで乗るのだが、上野で乗り換えるより、途中赤羽で湘南新宿ラインに乗り換えたほうが、15分ほどはやく到着するのだ。

また、退屈にまかせ、窓の外を見る。
と、そこには。




これがご存知、湘南新宿ラインである。
なにー。俺の宇都宮線(上り)を今まさに追い抜かんとしている。
これは、まずい状態だ。

赤羽まで、あと3分。
この宇都宮線(上り)が先に赤羽駅に着けば、ジャストタイミングで湘南新宿ラインに乗り換えることができるのだ、が。

赤羽まで、あと2分。
いまだ追い抜く気配はない。しっかりと間隔を取り並走している。
この辺で写真を撮っておこう。「カシャ」

赤羽まで、あと1分。
驚愕のスパートをかけてきた。
ぐんぐんと速度を増し、俺の目の前を車両が走る。
1両、そして2両、と。
俺は、ディープインパクトに抜かれた騎手の心理を痛感した。


結局、赤羽にはディープインパクトが1着で入った。
俺は走りもしなかった。
どうせ走っても間に合いっこないさ。
イソップの狐の心境である。
スポンサーサイト
暗色コメディ
連城 三紀彦[著]









 もう一人の自分が暗躍し、その影を追い続ける主婦。自分を弾いたはずのトラックを消滅させてしまった画家。妻に、あなたは1週間前に死んだはずだ、と告げられた葬儀屋。気がついたら妻が別人になっていた外科医。4つの奇妙な狂気から浮かびあがる、うつしよの幻想。幻想が、ある焦点へ収束し、一つの形が創られるとき、真犯人の狡知が明らかになる。
 4つの出来事はまさに狂気が生み出したとでも言うべき代物。この小説は序章・第1部・第2部・終章の4部構成ですが、第1部の終わりまでが延々と幻想的な内容で綴られます。その間に、物語の視点は4つの話を転々とし、眩暈がするよう。ここまで奇妙なことが論理的に説明することが出来るのか、と不安になるほど。それが2部と終章で明かされる構図になっています。まったく、不気味悪い小説でした。
とても久しぶりになってしまいました。

大好評絶賛賞賛中の駅view第2弾である。
絶賛したり賞賛したりしている人が、というより見ている人がいるのかという点は、ともかく。

さて、今回は「川崎駅」である。
それに先立ち、駅構内をよりお分かりいただけるように、リンクを用意いたしました。
ぜひ、ご活用ください。

川崎駅構内図

この駅は、島式ホーム3面6線となっている。
各乗り場の構成は、構内図でいうと

①東海道本線〈横浜・小田原・熱海方面〉
②東海道本線〈品川・東京方面〉
③京浜東北線〈横浜・関内・大船方面〉
④京浜東北線〈蒲田・東京・大宮方面〉
⑤⑥南武線〈武蔵小杉・登戸・立川方面〉

という形になっている。
この駅の改札口は1つであり、改札を出たところに待ち合わせ目印にもなる時計や「みどりの窓口」「びゅうプラザ」があるので便利である。
とはいうものの、最近の待ち合わせは、あらかじめ場所などの詳細を決めるまでもなく携帯電話で「いまどこ~?」とやればいいのであるからして、人によってはそれを便利とは感じないかもしれない。

また、構内図をご覧になればお分かりになるが、改札機の並びは階段を挟み左右(図でいうと上下)に分かれるように配置されている。
図でいう下の改札は駅に「入る」専門の改札となっており(これを狭義の入札口と呼ぶ)ラッシュ時などに間違えてそちらから出ようとしたお年寄りが跳ね飛ばされないかと、杞憂している。

さて、改札口を出てみよう。
改札口を出て右が東口、左が西口となっている。
「犬が西向きゃ尾は東」である。

以下は、改札を出たところからの東口の風景を表している。




駅ビル「川崎BE」は川崎駅とアーケードで接続された形になっている。
このアーケードは天井が高く、また天井から空も見え照明も明るいため、人が多くてもそれほど息苦しさを感じさせない遠因となっているように思われる。

東口のエスカレータを降りると、目の前には地下街(アゼリア)への入口が構えている。向かって右には、ヨドバシカメラ、紀伊国屋書店、無印良品などが入っている「川崎ルフロン」が、来る者拒まずといった風貌で建っている。
東口の地上にはバスターミナルがあり、周辺各地への路線バスが運行している。
バスターミナルを挟み、その奥には「岡田屋モアーズ」、その向かって左には映画館なども入る「川崎Dice」がある。

kawasaki02.jpg

右がモアーズ、左がDiceである。
その間にはなかなか個性的な商店街がある、とおもう。

それでは、川崎駅西口を見てみよう。

kawasaki01-1.jpg


西口は現在開発中とのこと。2006年秋には「ラゾーナ川崎」という施設が誕生し、ビックカメラ、東急シネマなどが入るようだ。
私は西口には行ったことがないが、もしかしたらなにかあるかもしれない。

さて、今回も長長とお付き合いいただきました「駅view」シリーズ。
あくまでも駅紹介な感じのコーナなので、あまり真剣に読まないでくださいね。
また、ろくに資料を調べたりもしていないため、事実とちょこっと違うところがあるかもしれませんが、気がついた人はちゃうやろと突っ込みをお願いします。

最後に。
この画像を見ていただきたい。

kawasaki_t.jpg


これは川崎駅の改札を出たところにある「タイル」である。
この画像はいつの日か公開されるであろう「横浜駅北口編」への重大な伏線となっているので是非ともココロのカタスミに置いておいてください。

とかなんとか言って、私がその伏線を忘れそう・・・・・・なんて。

半落ち
横山 秀夫〔著〕









 アルツハイマー病と診断された妻を殺害し自首してきた警察官・梶聡一郎。動機やその経過は明らかにするが、殺害から自首までの2日間の行動だけは決して語ろうとはしない。完全に落ちない、半落ち―。梶の、この2日間に秘められた想いとは・・・。
 映画化などで話題になった半落ち。警察小説ではあるが、その焦点は華やかに犯人を挙げる刑事たちではなく、その後ろで警察組織を支える管理部の人々。犯人の逮捕後、警察・記者・検察・弁護人・裁判官・刑務官などの間にわだかまる感情や空気を、それぞれの視点から梶聡一郎の事件を追っていく。お互いの関係や取引などが生々しく、まるでドキュメンタリーのような小説。しかし、梶が自首した理由、2日間の行動を黙秘する理由。悟りを開いたような人間は、なるほど、澄んだ目になるのだろうか。
林檎の木の道
樋口 有介著







 高2の夏休み、千葉の御宿で元彼女が海に身を投げた。なにかわだかまりをぬぐえない"僕"は真相の解明に乗り出す。暑い夏が、また熱くなる。
 樋口有介の青春小説。死んでしまった人の過去の秘密、行動を探るというテーマで書かれています。報道の自由だか権利だか、興味本位と話題性で事件を流すメディアの姿勢に対して考えさせられました。また、いつものことですが、若くして人生の全てを悟ってしまったような主人公が活躍する。あと毎回言うようですが、文章がね。いいですよ。俺の琴線に触れるような文体。しかし残念なことに、これたぶん絶版なんでしょうか。もったいない。
世にも珍妙な物語集
清水 義範〔著〕









 日本の四季をテレビCMで感じる『CM歳時記』 さまざまなプロファイルを行いその人にあった小説を探し出してしまうという新ビジネス『ノヴェル・フィッター』 よく考えるとだいぶおかしい算数に突っ込む『算数の呪い』 などを含むユーモア短編13作。
 清水義範はパスティーシュ作家として名の通った人ですが、ご本人もあとがきで書いているように、何気ない生活の一幕をひょいと差し出すようなユーモア小説に才気あふれるものがあります。その視点はちょっとひねくれた見方でもあり、ある面では非常に落語に似たところがあるのではないかと思ったりしています。なにはともあれ清水義範のこのような短編集はオススメです。ぜひ1冊、読んでみてはいかがでしょうか。
今回から鉄道の駅を紹介していく駅viewのコーナーが始まりました。
駅は通勤通学など移動や貨物の輸送の手段として、物流の重要な役割を果たして来ました。そして、その駅を中心に拡がるスーパー、商店街などの生活空間や各交通機関の展開発展が進んできました。

現在では、駅という一つの生活スペースに注目し、駅をただの移動の中継地点としてではなく人が楽しめる空間をめざしての駅開発がさかんに行われております。

このコーナーでは、私が使っている駅や訪れた駅などを写真入りで紹介、解説していこうとおもいます。お気長に御賞味ください。

まずは我がホームタウンの駅「金沢八景」である。




京浜急行電鉄の金沢八景駅は島式2面4線の地上駅。
この駅から下りの路線は、マグロ漁港で有名な三崎へ伸びる線と逗子(新逗子)へ伸びる線に分かれる。
三崎へ伸びる線には、横須賀中央や京急久里浜、さらに総合研究所が建ちならび日本のシリコンバレーとも言われるとか言われないとかいうYRP野比などの錚々たる駅が続く。
逗子へ伸びる線の先には逗子しかない。が、そこから鎌倉、大船方面へのアプローチが期待できる。個人的には逗子線の方が心和む路線である。

さて、視点を金沢八景駅に戻してみよう。
最寄の駅は?と聞かれたときに、金沢八景駅であると答えると「あぁ、八景島シーパラダイスがあるところね」と言われることがままある。しかし、実は違う。
金沢八景~八景島シーパラダイス間はだいぶ距離があり、たぶん金沢八景~逗子間よりも遠いのだ。
金沢八景は横浜と横須賀の県境に近いところにあるのだ。
こういうと、ほとんどの人はもはやなんだかわからず、一応は納得して話題を変えてくれる。

さて、駅を降りると目につくのはパチンコ屋(推定;HAPPY)である。ゴリラが山のように積まれたパチンコ箱を両手に持っている像がシンボルのように聳え立つパチンコ屋だ。以前は駅を挟み、2つのパチンコ屋があった。1つは先述のゴリラ、もう一つはそのシンボルがカジキマグロのパチンコ屋である。この2つの像が駅を挟みにらみ合うように立っていたのであるが、長年に渡っての勝負に勝ったのはゴリラであった。以来、そのカジキマグロのパチンコ屋もゴリラが占拠している。

近くに大学が2つ(関東学院大学、横浜私立大学)あるが、特に若者の活気にあふれているとか、そんなことは、ない。どちらかというと落ち着きすぎている感がある駅周辺である。治安は良い、とおもう。たぶん。

肝心の駅開発であるが、現在、京浜急行電鉄の金沢八景駅はエレベータ設置工事中であり2005年中に完成するようだ。その他、特筆すべきことはなさそうだ。そもそも田舎のベッドタウンの駅なんて、エレベータとかエスカレータくらいの開発余地しかない気がする。なかなかこの状態から駅ビル化に持っていくのはツライ。

では最後に八景島へのアクセスをご紹介しよう。
まず、京浜急行電鉄金沢八景駅から横浜新都市交通シーサイドライン横浜線金沢八景駅まで歩く。徒歩3~5分程度である。ほんとうは京浜急行の駅まで伸ばすつもりだったらしいが計画が途中で頓挫したようだ。ちなみにこのシーサイドライン、シーサイド・ラインである。シーサイドラインなんて言うとアサヒスーパードライの親類かとおもいがちであるが、違う。
シーサイドラインの金沢八景駅についたら来た電車に乗って4つで八景島駅に着く。ちなみにこの電車、運転手も車掌もいない無人電車である。一度乗ってみるのも一興かもしれない。
黒衣の花嫁
コーネル・ウールリッチ著 / 稲葉 明雄訳



 


 さりげなくターゲットに接近しなにごともなかったかのように殺していく幻の女。彼女の名前は誰も知らず、ただ黒いドレスを着ていたことだけが手がかりだった。彼女の目的はいったい・・・。
 コーネル・ウールリッチお得意のサスペンス。彼の作品「黒い天使」でも女の執念やそれに中(あ)てられる被害者たちの転がり落ちるような運命を描いていますが、今作「黒衣の花嫁」はさらに上を行く悲劇。作品としては後半だれ気味ではありますが、終盤の落ち込みは読んでいても暗くなります。しかしコーネル・ウールリッチの作品にでてくる主人公(男)は幸せモンですな。
東京に出る機会が多いので地図を買うことに。
いま、巷にはいろいろな地図が出ていますね。
例えばポケットサイズであったり文字が大きく読みやすいタイプであったり。
これらはサブ的な要素であるに越したことはないですが、私が欲しいとおもうのは以下のような地図。

・鉄道路線図(地下鉄含む)が見開きに掲載されている。
・詳細図だけでなく全域図(○○区全域図など)が見やすい。
・持ち運べるサイズ

これらを同時に満たす地図はなかなか見つかりませんでした。
例えば鉄道路線図と地下鉄のページが離れていたり、全域図がものすごく見にくかったり・・・・・・。
結局買ったのは成美堂出版の「東京超詳細地図」というもの。
やっぱり地図は見やすいってのに限りますね。
秋好英明事件
島田 荘司[著]










 昭和51年6月、福岡県飯塚市で一家四人が惨殺されるという悲惨な事件が起きた。犯人として逮捕された秋好英明は犯行を一度は認めるがその後証言を変え、四人のうち三人の殺害を否認。しかし曖昧な証人、被告の証拠提出、捜査請求などを抱えたまま法廷は死刑判決を出す。ミステリ作家・島田荘司が昭和の事件のノンフィクションを書く。現在、秋好英明は再審請求中である。
 秋好英明の生涯を追いながら、戦後の過酷な日本人の生活や高度経済成長の時代を描きだす。また世間体を守るために団結して闘う家族、個人の意見の弱さなどをうったえています。事件の内容は非常に重く、その背景には戦前の日本人気質が見え隠れするようす。そして島田荘司は上手い。読者をどちらに感情移入させるかなんてお手の物ですね。人間関係におけるトラブルがデスペレートした悲惨さを読むことができる。大作。
新しい順に見る
――――――――――――――――――――
浅田次郎(あさだ・じろう)
>>きんぴか① 三人の悪党
――――――――――――――――――――
阿刀田高(あとうだ・こう)
>>ミステリーのおきて102条
――――――――――――――――――――
大沢在昌(おおさわ・ありまさ)
>>バスカビル家の犬
――――――――――――――――――――
景山民夫(かげやま・たみお)
>>ボルネオホテル
――――――――――――――――――――
倉知淳(くらち・じゅん)
>>幻獣遁走曲
――――――――――――――――――――
近藤史恵(こんどう・ふみえ)
>>凍える島
――――――――――――――――――――
島田荘司(しまだ・そうじ)
>>秋好英明事件
――――――――――――――――――――
蘇部健一(そぶ・けんいち)
>>六とん2
――――――――――――――――――――
西澤保彦(にしざわ・やすひこ)
>>黄金色の祈り
>>黒の貴婦人
>>神のロジック、人間のマジック
>>生贄を抱く夜
――――――――――――――――――――
法月綸太郎(のりづき・りんたろう)
>>パズル崩壊
>>生首に聞いてみろ
――――――――――――――――――――
服部まゆみ(はっとり・まゆみ)
>>一八八八切り裂きジャック
――――――――――――――――――――
東川篤哉(ひがしかわ・とくや)
>>密室の鍵貸します
>>密室に向かって撃て!
>>交換殺人には向かない夜
>>館島
――――――――――――――――――――
樋口有介(ひぐち・ゆうすけ)
>>林檎の木の道
>>彼女はたぶん魔法を使う
――――――――――――――――――――
森博嗣(もり・ひろし)
>>封印再度
――――――――――――――――――――
横溝正史(よこみぞ・せいし)
>>悪魔の降誕祭
>>双生児は囁く
――――――――――――――――――――
横山秀夫(よこやま・ひでお)
>>半落ち
――――――――――――――――――――
連城三紀彦(れんじょう・みきひこ)
>>暗色コメディ
――――――――――――――――――――
ウィリアム・アイリッシュ
>>アイリッシュ短編集4 シルエット
>>黒いカーテン
――――――――――――――――――――
コーネル・ウールリッチ
>>黒衣の花嫁
>>喪服のランデヴー
――――――――――――――――――――
ヒラリー・ウォー
>>この町の誰かが
――――――――――――――――――――
アンドレア・カミッレーリ
>>おやつ泥棒
――――――――――――――――――――
ウイリアム・L・デアンドリア
>>ホッグ連続殺人
――――――――――――――――――――
コナン・ドイル
>>シャーロック・ホームズの冒険
>>緋色の研究
>>シャーロック・ホームズの帰還
>>恐怖の谷
>>シャーロック・ホームズの事件簿
>>四つの署名
――――――――――――――――――――
ジューン・トムスン
>>シャーロック・ホームズの秘密ファイル
――――――――――――――――――――
トレヴェニアン
>>夢果つる街
>>ワイオミングの惨劇
――――――――――――――――――――
ビル・S・バリンジャー
>>煙で描いた肖像画
――――――――――――――――――――
エリザベス・フェラーズ
>>自殺の殺人
――――――――――――――――――――
フレドリック・ブラウン
>>3、1、2とノックせよ
>>天使と宇宙船
――――――――――――――――――――
ギャビン・ライアル
>>深夜プラス1
――――――――――――――――――――

殿堂入り
おすすめ
なかなか良かった
最近載せた

更新日:2月9日










 事件は(名)探偵が銃で撃たれている間に起こった。衆人環視の密室で被害者は殺害され、犯人は消えた。前作から引き続き登場する2人のダメ刑事、鵜飼・戸村の探偵コンビが活躍するシリーズ第2弾。
 あいかわらずのコメディタッチな作品。舞台は前作同様、烏賊川市(いかがわし)なのですが、前作から舞台をうまく引き続けています。前作が1幕目で今作は2幕目っていうような。ですから1作目の「密室の鍵貸します」から読んだほうが楽しみも倍増すると思います。作家の作り出すフィールドを楽しむ醍醐味が味わえますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。