本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このコーナーふるえる!落語音源では音源の紹介もしていますが、たまに演じ方のネタバレのような部分も出てきます。(誰はどんな演出であったか、などといったもの)
もし、そのようなことを知りたくないという方は、ご覧にならないことをオススメします。



噺のあらすじは「蛙の穴」さんが詳しいです。こちら

音源はこちら



冬の夜噺、夢金。
生では文朝。
音源では圓生、金馬、馬生などを聴いたことがあります。

今回取り上げるのは十代目金原亭馬生の音源。
馬生さんは私、大好きでしてね。
きれいな高い調子の声で語る人情噺には聴くものを魅了する力があります。
二番煎じ、船徳などの愉快な噺も良いですが、大阪屋花鳥、余話情浮名横櫛などの笑いがほとんどない噺も実に見事でした。

どの噺でも馬生さんが演るとどれも人情噺になっちゃう。細かい人間の感情が表れるような、それだけ人物の造形がしっかりしているのでしょう。情景の描写を直接にしないで、人物からかもしだすといった風。

で、馬生の夢金。
言葉の端端から、暗い雪の夜の静けさや寒さ冷たさが感じられる。例えば、船頭の熊が娘を舟まで連れて行くときの「あっしにかじりついていてください。桟橋に手をついたりしちゃぁ冷とうござんすから」や、熊が中洲を指して「あそこにぼぅーっと白く見えるでしょう」などのちょっとした描写から情景を感じられる。
よく考えてみると、今と違って昔、ただでさえ暗い夜に往来を照らすものといったら、大店(おおだな)から漏れる小さな明かりか、そのほかには月明かりくらいのもの。特にいっそう暗い川の上。明かりは舟についている小さなものくらいしかない。そこにぼぅーっと浮かび上がり白く見える中洲。
と、このような景色を聞き手にすんなりと想起させてくれるのです。

あと好きな場面は、熊と侍の会話。熊が酒手くれないから舟ゆする場面があります。ここで通常は侍が「舟をゆするな。みどもは泳ぎをしらん」というようなことを言いますが、馬生さんのはこうじゃぁない。熊に言わせる。
熊が「お侍さん、泳ぎぃしらねぇんでしょ。わかりまさぁ、長ぇあいだ船頭やってますからねぇ」
この演出で、雪夜の舟上という場面にさらに凄みがついてゾクゾクッ~としますよ。

ただねぇ、馬生さん。出来のいい時と悪い時の差が激しい。悪い時はなんだかワルイ、だいぶワルイ。この音源も最初のほうは、あんまり。ちょうど相談がまとまって舟に歩き始めるあたりからだんだん調子が出てきて。

最後は、スッとキレイに下げる。痛いサゲもありますが、そっちじゃないです。

音源はこちら。そういや、一緒に入っている中村仲蔵も良かったかな。

スポンサーサイト
ジョーク。
地の文は目で読み、会話文は聴こえるように想像する。
これが「書かれたジョーク」の良い楽しみ方かもしれません。
本文に入る前に、心の中で「ジョーク」と言ってみる。
感じ方がだいぶ変わるものです。

【ジョーク】
マサカリかついだ金太郎は、都に行ってみようと思いました。
「・・・・・・うわぁ!人がいっぱいだぁ!!これが都か。あっ、あそこに女の人がいる。都のことを聞いてみようっと。
・・・もしもし、すみません」
「きゃァ!この変態っ!!」

【ジョーク】
飛行機の墜落事故。
死者が1000人以上の大惨事。
遺族が亡骸を引き取りに泣き泣きやってきた。
女「夫の!夫の遺体は、どこですか!夫は!」
警官「奥さん、落ち着いてください。なにか、旦那さんの特徴は?」
女「特徴、えぇと・・・・・・。あ!耳が少し遠いです。」

大変ご好評いただきました「笑うかァー」のコーナーが
新たに1つのブログとして移転しました。

「IN THROUGH THE OUTDOOR」は以前どおり
日記・書評・駅viewの路線で活動していきます。

新しいブログはこちらhttp://rakugomaister2.blog51.fc2.com/


ブックマークしてくれた人はお手数ですが変更をお願いします。
[笑うかァー移転]の続きを読む
ジョーク。
典型的なショート・ストーリー。
むかし、子供の頃、お母さんにせがんだことがあるでしょう。
「なにかお話して」
ジョークにはショート・ストーリーを聞くという楽しみもあります。

【ジョーク】
シマウマ「僕はいつもライオンさんに食われないかってびくびくしているけどライオンさんに怖いものなんてないだろう」
ライオン「何言ってるんだ。僕だって鉄砲もって追いかけてくる人間さんが怖いさ。人間さんに怖いものなんてないだろ」
人間「僕は・・・人間の言葉を話す君たちが怖い・・」

【ジョーク】
「象より大きい動物を知ってるかい?」
「大きな象」
「それよりも大きいんだよ」
「もっと大きな象!」

【ジョーク】
3人の子供を持つ父親が,福引きでおもちゃを引き当てた。

彼は,家に帰ると,子供たちを集めて言った。

「さて,おもちゃを誰にあげようか・・・
ママに逆らわない子は誰かな?
ママに口答えしない子は誰かな?
ママの言うことを何でも聞く子は誰かな?」

顔を見合わせた子供たちは,口を揃えてこう答えた。
「分かったよ。おもちゃはパパのものだよ」

これまでのまとめ。
ジョーク。
ジョークを聞いたら、笑わなくてはいけません。
おもしろくなくても、前に聞いたことがあっても、たとえ意味がわからなくても・・・・・・。

【ジョーク】
死刑囚は死刑執行の時を迎えた。
外は土砂降りの雨。
広場の隅にある絞首台までの道を歩きながら、彼はつぶやいた。
「俺は何て運の悪い男なんだ。よりによってこんな土砂降りの日に死ぬなんて」
すると男に連れ添っていた看守が言った。
「お前はまだいい方さ。俺なんてこの土砂降りの中をまた歩いて戻らないといけないんだから」

【ジョーク】
エンジニアと物理学者と数学者の3人が一緒にいるところで、火事が発生した。
エンジニアは自らの知識を総動員し、火を消す方法を見つけ出した。
物理学者は自らの知識を総動員し、火を消すのに必要な水の量を算出した。
数学者は自らの知識を総動員し、火を消すことが可能であることを証明した。

・・・・・・そして全ては燃え尽きた。

【ジョーク】
医者にて・・・
医者「奥さん、旦那さんはかなり精神的に弱っていますから精神安定剤をお出ししておきます」
女「これを夫に飲ませるんですね」
医者「いや、あなたが飲んでください」

【ジョーク】
「ものすごく嫌いなやつに会ったら、おまえどうする?」
「もちろん無視して逃げるさ。・・・・・・おい、何処行くんだよ、おい!無視すんなよ!おーい」

【ジョーク】
床屋にて。
飛び込んできた男が言った。
「親方。すぐやってもらえるかい?」
「このとおりお客さんが大勢お待ちになってるんでね。2時間くらい待ってください」
「そうか。また来るよ」

・・・・・・その日、親方が家に帰ると家が泥棒に荒らされていた。

【ジョーク】
「ドーナツの穴が嫌いなんだ」
「じゃ、穴だけ残しとけよ」



 小学校時代、テストや宿題の出来が良かったときに、先生が上のようなハンコを押してくれました。特に低学年の時はこのハンコを使う学校が多いのではないでしょうか。非常に懐かしいフォルムですが、今も使われているんでしょうか。今回はこのハンコについてです。

 たいへんよくできましたハンコの下に位置する物として、よくできましたハンコがありました。これは、まぁキミはすごく良いわけではないけど、とりあえずできてるね、というハンコです。いちおうOKハンコですね。

 その下にランクするハンコは、もっとがんばりましょうハンコです。これはナニを言いたいかというと、もっとがんばりましょうね、と言いたいのです。キミはがんばっていないよ、あるいはがんばっていないようにみえる、またはがんばってるんだかわからない、さらにがんばっているんだろうけどがんばれてない、はたまたがんばる気がないんだろ、といった場合に押されるハンコです。

 だいたいこの3つが主に使われるケースが多いのではないでしょうか。しかし私の学校ではさらに下がありました。そのハンコは

 みました

 というハンコです。みました。これはひどいですね。いやいや、解説をしなければわからないでしょう。なにがひどいのか、ひどくないではないか、と。私も以前はそのように思っていました。しかしそうではないのです。

 前述のたいへんよくできました、よくできました、もっとがんばりましょう、などのハンコ。これは出した宿題、課題に対して、先生が評価を下しているわけです。キミはよくできてるよ、まあまあだね、もっとがんばれよ、と先生の言葉や激がハンコを通じて刻まれているのです。ポンっと。課題を見て、よしよし、ポンっと。そこで評価がなされているわけです。で、最低ランクのハンコは、

 みました

 見ただけなのです。みました。見たけど内容についてはいいんだか悪いんだかわかんねぇ。みました。見ただけだ、見ただけ。あ、なんか書いてる、あれ、ここ書いてない。ポンっと。みました。

 これは・・・・・・ある意味・・・全否定!!・・・・・・・・・。
俺の・・・・・・俺の・・・・・・・・・全てを!!・・・・・・。
ちゃんとやる・・・・・・ちゃんと・・・・・・。
だから・・・・・・先生!!・・・・・・・・・もう一度・・・もう・・・・・・・・。

なんてカイジになる必要はないですが。
こんなことを考えると結構ショックだったりするわけです。



 久しぶりの駅view。「ぶら~り、途中下車の旅」でも見るようにどうぞごゆるりとおすごしください。今回は北鎌倉駅です。
 この駅は相対式2面2線のホーム。横須賀線が通っています。駅としては小さいほう。場所は
―逗子―鎌倉―北鎌倉―大船―戸塚―
といったところにあります。
 
 この駅から少ぅし行ったところに、私が通っていた中学校、高校がありまして6年間に渡り利用してきました。もうホームグラウンドみたいなもんです。




 基本的には閑静な土地柄なんですが、近隣に学校がいくつかあるため通学時間帯は大変に混雑します。特に朝はすさまじくホームが学生服で黒く染まるほどです。地元の人にはかなり邪魔だったでしょう。

 通学時間帯が過ぎてしまえばとても静かで春には新緑、秋には紅葉を楽しむことができます。禅宗の寺も多く落ち着いた雰囲気。

 有名な鎌倉五山があるのもこの近く。1位から順に、巨福山建長寺、瑞鹿山円覚寺、亀谷山寿福寺、金峰山浄智寺、稲荷山浄妙寺、です。1位の建長寺はよく入ったものです。もちろん入場料がいるんですが、後ろの半僧坊や天園から地続きになっている。後ろから入ればタダだったか?ちなみに吉野家にもある、けんちん汁というのは建長寺が発祥なんです、えぇ。
写真は円覚寺。




 寺といえば、いろいろと坊さんがいますわなぁ。五戒をまもり、煩悩を捨てる。私も座禅をくんだりしましたがね。五戒を守るはともかく、煩悩を捨てているのか、最近の僧は。ベンツ乗ってる。ベンツが悪いとは言わないけど。でもベンツだよ。ベンツはまずいだろ。それと座禅組んでるときに少しざわついたら若い僧が、お前らうるさいから全員殴る、とか大声で怒鳴りだしたり。そんなことで道を説けるのか、と。ま、向こうでは殴るとは言わない。ナントカ言ったな。墓にさす卒塔婆みたいなのでひっぱたく。なんかを与える、トカネ。まぁ、いいや。




 これが建長寺の裏っ手にある半僧坊というところからの眺め。天狗がいっぱいいる。

 北鎌倉―鎌倉間は途中に小さな山を挟んでいるため、良いハイキングコースにもなっている。山はいい。童心にかえる。横浜から20分ほどのアクセスである北鎌倉はまだまだ自然が残っている。鎌倉旅行などの際には、北鎌倉を訪ねてみるのも一興だろう。

 最近駅viewとか言ってる割には駅からどんどん離れているような気が、しないこともないです。
おやつ泥棒
アンドレア・カミッレーリ[著] / 千種 堅[訳]









―うなる!地中海浪花節!!―


 シチリアのヴィガータ分署警部・モンタルバーノが活躍するシリーズ。
 エレベーターで刺殺死体が見つかった。捜査にあたったモンタルバーノ警部は、カリーマという謎の女性にいきあたる。だが、女性は行方不明で、その子どもの行方も知れない。事件の奥に深い闇を予感する警部。そんな折、町には、おやつを盗む奇妙な泥棒が出没するようになる…。息をもつかせぬ展開のなかに、警部とあどけない子どもとの切ない愛情を描き出し、イタリアでベストセラーとなったミステリーが文庫オリジナルで登場。(BOOKデータベース)
 
 本の裏のあらすじ紹介がちょっと書きすぎの気もしますが・・・。えっと、これはハードボイルド風味かもしれません。不器用だけど腕利きで頑固で信念は絶対まげない主人公。と、おやつ泥棒との切ない愛情を描き出す浪花節調のイタリアン!ウッホッホ。
 
 外国文学につきものの長すぎる名前。だいたいそれでメンドクサクなるのですが、この小説も同じく。まず作者からしてアンドレア・カミッレーリ。噛み噛みな名前。登場人物はガッルッツォだのリボーリオ、ファツィオ。で、地名もややこしいと来ている。翻訳物に慣れた人にでないとなかなかオススメできません。
 
 イタリアって魚喰うんですね。タコ、イカ、鰯・・・アンチョビーか。を喰うことは知っていましたが、メバル、スズキなども食べる様子。メバルって日本じゃアンマリみかけない。少なくとも俺は見ない。釣りに行くとね、メバル釣れますがね、とても小さい。手のひらサイズ。まぁ、沖に出ない岡釣りじゃ、それが限度。
 
 昔おやつ泥棒はケンちゃんだ、と書いたけど、違ったね。ネタバレか、まあいいや。で、おやつ=ケンちゃんって発想。どこから出たかというと、講談社から「おやつストーリー」という本が出ていてこの作者がオヤシ屋ケン太、泉麻人の2人。

 この作品の舞台はシチリア。その国旗がすごい。
シチリア

 真ん中はメデューサの首。なぜか3つの素足が出ている。しかもちょっと毛深い。ユニークっちゃぁユニーク。キモイけど。
 卒論のプレゼン練習。みんなヘェ~ってなもんでした。
発表は数こなさなければいけませんね。ただ制限時間12分で発表するというのはなかなか難しい。私の研究は実験メインなので、結果発表のところで時間調整ができるのが救いです。

 帰りはUトン君の車で駅まで。相変わらずワイルドな運転です。ニュータイプが旧ザクを動かすような感じ(よくわからない?)

 電車はN野先生と同じ車両でした。
きんぴか 1
浅田 次郎[著]








―気分は、まさに、ピカレスク―


 「鉄道員」(ぽっぽや)で最近でもかなり知られるようになった浅田次郎の長編悪党小説。敵対する組の親分を殺った兄ィ株の通称ピスケン、自衛隊の湾岸派兵に反対しクーデターを起こした"軍曹"。収賄事件の罪を被り大物議員に捨てられた頭の切れる大蔵役人、"ヒデさん"。この個性豊かな悪党3人が、徒党を組んで巨悪に挑む。

 浅田次郎、劇空間な筆致とでもいうか。演劇の舞台を観ているような会話の運び。
「てめえも、つらかっただろう、なぁ」
「あ、兄貴ィ・・・」
なんていう。まあこれは任侠のシーンですが。
他のシーンでも会話の端々に役者が演じるような感を見出せる。
そして、章がすすむ度に繰り広げられる人間ドラマ。
劇的ではあるが、臭さはあまり感じさせない。
まとまりがついていない感じはあります。
船頭がいない、というような。巨悪に挑む、そして挑んだその後が書かれていないからかな。そこは読んだ人の感性にまかせる、と。
あと、最終章もいただけないなあ。その当時の流行物を題材にしてしまうと、数年後読んだときに色褪せ方がすこぶるですね。
LedZeppelinのIn the lightを聴きながら寝てしまった。
難聴には気をつけねば。

↓のテニス続きでマッケンローについて。
彼が活躍していたのは1980年代だからTVもリアルタイムで見たことはないはずですが、流布している伝説やその後のテニス解説などに興味を持ったしだい。
あと映画にも2本ほど出ていますが、かなりいい味を出しています。
「Mr.ディーズ」と「アンガー・マネジメント」
当時マッケンローファンだった人は必見かも。

しかし、新コーナーは続くねえ。
まあ適当に更新していくことにします。
四つの署名
コナン・ドイル〔著〕 / 延原 謙[訳]









―では私も神さまにお礼を申し上げましょう
                    (メアリー・モースタン)―


 ホームズ物語の2作目にあたる長編。悪党達がインド王族の宝石箱をめぐってあらそうお話。
 まァ、ホームズ。今作はフルタイムで登場。「親の因果が子に報い」じゃないけれど、過去からの復讐。推理小説と冒険小説の二つの味を出しています。
 ところで新訳ホームズが光文社から出ていました。

オンライン書店ビーケーワン:シャーロック・ホームズの冒険

 この表紙は失敗でしょう。背景と装飾はともかく、というより非常にいいのですが、このやる気のないホームズの絵はなんだ?
 絵のせいで台無しです。それに比べ、新潮の表紙デザインは秀逸(改版)。デザインだけで大分に手にとる気が変わるものです。
 雨です。雨は嫌いです。でも雨が大好きな人もいるようなので、人間いろいろですね。人生いろいろ、人生ウロウロ。

 そういえば駅viewが12月半ばで止まっていました。やはり上中里は失敗だった。2度目、3度目に失敗するとあとが続きません。ここらへんは出版業界に似ています。前向きにがんばります。

 今日、山手線で鳳楽師匠を見かける。昭和の名人・圓生の弟子で笑点の司会などで有名な圓楽の総領弟子。昔から「圓生百席に挑戦」といった名の独演会を開いていましたが、最近では「七代目圓生への道」という独演会を開いている。七代目、継ぐことができるのでしょうか。もし継ぐということになったら襲名披露には絶対行きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。