本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幽霊たち (新潮文庫)幽霊たち (新潮文庫)
(1995/03)
ポール・オースター、柴田 元幸 他

商品詳細を見る

―青いもの。ブルーバード、ブルーベリー
               ブルース、青い目、俺の名前―


 私立探偵ブルーはホワイトから奇妙な依頼を受ける。真向かいのブラックを見張る依頼。だが、ブラックの日常には何もない。毎日何かを書き、本を読み散歩をしているだけなのである。ブルーはブラックの正体やホワイトの目的を推理して空想に飛ぶ。オースターの代表的な作品であり、ニューヨーク三部作の1つ。
 なんといっても書き出しがいい。‐まずはじめにブルーがいる。次にホワイトがいて、それからブラックがいて、そもそものはじまりの前にはブラウンがいる‐。こんな調子で続くので数ページ読むと著者近影も相まって、この作者、ムチャクチャ不器用なんじゃないかと思い親近感がわく。そしてこの小説には会話調の文はあるが、会話文がない。要するにカギカッコ付きの文が全くない。すべて地の文である。しかし(それゆえ?)読む人はあたかもブルーと会話しているような気分になる。ブルーはブラックを見張っているが、ブルーは読者に見張られているのだ。戦慄である。
★★★★☆  
スポンサーサイト
某日。
顔にまとわりつく雨のなか、友人に連れられて築地へ。
退屈すぎてたまらなくて窓からテレビを投げ捨ててしまったので(*1)
その日の天気など分からない私の手には、盗んだ傘しかなかった。(*2)
雨の匂いさえしなかった。

平日だというのに、築地市場は佃煮にするほどの人出でごった返していた。
数々の行列ができている店をやり過ごし、比較的すいている店で昼間から
池波正太郎を決め込む。(*3)
すいている店で、外の行列を眺めながら一杯やる。
実は、これが一番の贅沢である。江戸っ子である。

昼間から刺身と日本酒で一杯やったあとで、半ば連れ去られるように恵比寿へ。
恵比寿と言えばもちろんガーデンプレイス。
以前行った時には全く気がつかなかったが、ガーデンプレイス内には麦酒記念館(*4)なるものがあり
そこでサッポロビールの試飲ができる。
試飲とはいっても、ちゃんとテーブルや椅子もあり腰を落ち着けて飲むことができるのがうれしい。
しかもグラスビールがなんと200円というリーズナブルさ!
ギネスもグラスで250円!・・・価格破壊だ。
もう、恵比寿に来たらここにしか行けない。

帰りに本屋でポール・オースターの「幽霊たち」を買う。
見返しにある著者近影が、ゴツイおじさんだ。
小説家というよりは、テロリストのようだ。刑事のようでもある。
釣り人にも見える・・・。マルチな風貌が興味をそそる。
しかし、今読んでいるボルヘス(*5)の混沌とした本を読み終わるのはいつになるのだろう。
ボルヘス、ボルヘス、ボボルヘスである(*6)

家に帰り、ポールさんをベッドサイドに積んだ。
[【読書日記】池波正太郎の午後]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。