本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死者の書 (創元推理文庫)死者の書 (創元推理文庫)
(1988/07)
浅羽 莢子

商品詳細を見る
 ぼくの目の前で少年がトラックにはねられた。事故のあと町の人間が聞いてきた。「あの男の子、はねられる前は笑ってました?」笑って?……ここはアメリカの小さな町。一人の天才作家が終生愛した町。ぼくは彼の伝記を書くために逗留している。でも知らなかった。この世には行ってはならない町があることを。衝撃のダーク・ファンタジイ。

 おー、これは、この世界観は好み。アメリカの小さな町ゲイレンでは、誰もがお互いのことをよく知っている、閉ざされた町だった。もうこの設定だけで喰いつける。物語半ばで謎が序々に明らかになるにつれて、読み手はかなり困惑していきますが実はそれすらも伏線になっている。創元文庫のファンタジーから出版されてはいますが、これはホラーでありファンタジーであり、ミステリーでもあるのです。読み終えた後に多くの余韻が残る作品。
★★★☆☆
スポンサーサイト
くじ (異色作家短篇集)くじ (異色作家短篇集)
(2006/01)
シャーリイ ジャクスン

商品詳細を見る

 町中の人が集う広場で行なわれるくじ引きで、いったい何が決まるのか-。表題作「くじ」のほか、人間の残酷さを抉り出し、読む者を狂気の世界へ誘う21編を収録した短篇集。

 第三者からの悪意、明確な理由もないままずるずると転落してしまう悲劇を書かせたら天下一品というジャクスンさん。物語の主役よりも脇役のほうが生き生きとして目立ってます。もちろんその残酷な悪意で・・・。第三者本人が自覚していない悪意っていうのはよくありますが、シャーリイ・ジャクスンの書く悪意は明らかに確信的な悪意。なぜ全くの他人からそんな悪意が生まれているのか。そんなところでゾッとします。さすが魔女とまで言われたシャーリイさん。
笙野頼子三冠小説集 (河出文庫 し 4-4)笙野頼子三冠小説集 (河出文庫 し 4-4)
(2007/01/06)
笙野 頼子

商品詳細を見る

―イリュージョン、パラレルワールド、妄想世界―

 「タイムスリップ・コンビナート」「二百回忌」「なにもしてない」の3つが詰められた短編集。作風としてはパラレルワールドの私小説といった感じ。特に「タイムスリップ~」は日常の生活でフッと頭に湧いた妄想をあちこちにちりばめつつ小説調にまとめられている。「二百回忌」は実際にありそうでなさそうな土地で行われる法事のイリュージョンだし、「なにもしてない」は妄想世界の私小説。そしてこの小説は、読む人をかなり選ぶと思う。文章はなかなかウィットが効いていて読みやすく、ユーモアタッチだけれど、その内容がもうぶっ飛び過ぎてついていけなくなる。3作の中だと「タイムスリップ~」は電話を通じた会話の中で思考があちこちに飛ぶ、という展開なので読みやすいけれど、「二百回忌」と「なにもしてない」には困った。架空の土地の郷土史が永遠と続いているような感じで、そんなタイプが好きな人にはかなりはまるのかと思うけど、私にはイマイチな作品でした。でも「タイムスリップ~」の文章は割と幻覚的で良かったです。あー。ジャンルは幻覚小説かな、これは。
倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)
(2007/11)
皆川 博子

商品詳細を見る


 戦時中のミッションスクールの図書館の本の中に紛れ込んでいた1冊の本。蔓薔薇模様の美しい装飾の本には「倒立する塔の殺人」というタイトルだけが書かれていた。少女たちの間で小説が回し書かれ手から手へ、想いが紡がれていく。底知れぬ悪意とともに・・・。
 日本幻想文学の大家、皆川博子の新作。もう御歳77であるのに、この妖しい世界。戦時中の禁欲されたミッションスクールという設定の中で、交換日記のように少女たちの間で手記が交わされ、一つの小説「倒立する塔の殺人」が書き継がれていく。それぞれの思惑が手記の中にひそんでいて、作中作中作のような入り組んだ構成の背景には恐ろしい悪意がある。「聖女の島」ほど怪しい世界ではないが、その動機や交錯する想いはまさに幻想そのもの。本格的な幻想ミステリです。
伝奇集 (岩波文庫)伝奇集 (岩波文庫)
(1993/11)
J.L. ボルヘス

商品詳細を見る


―数分間で語りつくせる着想を
      五百ページにわたって展開するのは狂気の沙汰である―

 夢と現実のあわいに浮び上る「迷宮」としての世界を描いて、二十世紀文学の最先端に位置するボルヘス(一八九九‐一九八六)。本書は、東西古今の伝説、神話、哲学を題材として精緻に織りなされた彼の処女短篇集。<amazonより>
 プロローグにすべてが語られている。つまり「数分間で語りつくせる~」。本書ではこれを実践し、予言通り、狂気の書になっている。普通の人(私のような)が読むと八割は意味が分からない。残りの二割は知らない固有名詞である。ただ、イメージ的に共感できる物もある。たとえば「バベルの図書館」は、図書館内にある膨大な本をすべて読んだ人は絶対におらず、実際に読むことも不可能なのだが、図書館の中(秘密の場所)には、全ての本の内容が詰まっており、その1冊を読んだだけで全ての本を読んだことになる、すなわち「神の本」があるはずであるがどうしても見つからない、というような。たぶん図書館のヘビーユーザにはたまらない短編だと思う、「バベルの図書館」だけだが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。