本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


怖くないよ そばにいればいい
ためらいに ふるえても 振り向かないで
もう
はなさない はなさない
はなさない はなさない
悲しい あなたが きれいで

~プルシアンブルーの肖像~


某日。
ゆっくりと昼ごろ起きて、読書会の課題本「丘の屋敷」を再読してから神保町へ。
今回の課題本は私が推薦してみんなに読んでもらった本なので、少し緊張する。
ほんとにすこぅしだけど。
実際、ほんとうにオススメの本は同じ作者、シャーリイ・ジャクスンの「ずっとお城で暮らしてる」でまさに幻想耽美の極み、転げ廻るほど居心地の作品で、私を幻想小説の虜にした作品なんだけど、そこはそれ、映像化もされていて読みやすい作品を提案してみた次第なのです。

読書会のディスカッションが始まってからも映画の話題について出ましたが、映画を観たという人もリメイク版の「ホーンティング」しか観ていない様子。
ちなみに映像化作品は「たたり」「リメイク版:ホーンティング」が出ています。

「たたり」は
監督:ロバート・ワイズ「サウンドオブミュージック」
主演:リチャード・ジョンソン(博士)、ジュリー・ハリス(エレーナ)、クレア・ブルーム(セオドラ)
「ホーンティング(たたりのリメイク)」は
監督:ヤン・デ・ボン「スピード2」
主演:リーアム・ニーソン(博士)、リリ・テイラー(エレーナ)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(セオドラ)

私は「たたり」しか観てないのですが、「たたり」のほうは原作に割と忠実。
ただ、エレーナの俳優ジュリー・ハリスは色っぽさが全然ない、田舎の素朴な奥さんみたいな感じ。
うーん、クレア・ブルームのセオはかなりマッチしていたんですけど。

そもそも原作を読んだ時点で、エレーナの薄幸な感じや妄想癖があるところから、頭の中で安全地帯の「プルシアンブルーの肖像」がエンドレスで流れ続けていて、エレーナを美化していたのです。
思えば、丘の屋敷が登場したときから、この小説の本当の主人公は屋敷であると感じて、屋敷の視点でエレーナを追い回しているうちに終わってしまった気がします。

そして忘年会。
あえて詳しくは書きませんが(笑)
お酒はどんな哲学者の話よりも偉大だというZARDの歌詞を思い出しました。
なんとなく。

あ~、あの歌なんだったか。
話は変わって、昔ZARDファンだったんですが、坂井さんが亡くなってから実際、本当に1度もZARDの曲を聴いてないです。
なぜか、自分でも理由が分かりません。









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。