本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン書店ビーケーワン:この町の誰かが

 平凡な小さな町、クロックフォード。この平和な町で、ひとりの少女が殺される。容疑者とおぼしき人物が、町の外から入ってきた様子はない・・・。ということは、この町の誰かが・・・・・・。
 住人全員が顔見知りのような小さい町。そこで事件が起き、住人同士が疑心暗鬼におちいり、いままで築き上げてきたコミュニティが静かに崩壊していくという・・・、なんか後味が悪そうな感じですがね。ドキュメントタッチで書かれており、様々な人の心中を通して事件の経過が語られます。
「もしかしたら、隣のあの人が・・・」などいう疑心がさらなる混乱を呼び、事態が転々としていくというようなこった仕掛けもあり、頁をめくる手が進むような作品。
あとこれ、ジャケがいいよねぇ。なんでこの本買ったかというと、ジャケ買いですよ。岩郷重力+WONDER WORKZのデザインらしい。注目です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/1-62c408ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。