本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四つの署名
コナン・ドイル〔著〕 / 延原 謙[訳]









―では私も神さまにお礼を申し上げましょう
                    (メアリー・モースタン)―


 ホームズ物語の2作目にあたる長編。悪党達がインド王族の宝石箱をめぐってあらそうお話。
 まァ、ホームズ。今作はフルタイムで登場。「親の因果が子に報い」じゃないけれど、過去からの復讐。推理小説と冒険小説の二つの味を出しています。
 ところで新訳ホームズが光文社から出ていました。

オンライン書店ビーケーワン:シャーロック・ホームズの冒険

 この表紙は失敗でしょう。背景と装飾はともかく、というより非常にいいのですが、このやる気のないホームズの絵はなんだ?
 絵のせいで台無しです。それに比べ、新潮の表紙デザインは秀逸(改版)。デザインだけで大分に手にとる気が変わるものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/107-402aeb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。