本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
312とノックせよ
フレドリック・ブラウン著 / 森本 清水訳







 少しばかり多い借金を作ってしまったレイ・フレック。彼があがけばあがくほど事態は最悪の方向へ向かっていく・・・。一方、街ではpsycho(痴漢)と呼ばれる殺人犯が徘徊していた・・・。
 結構ひどい人間レイがどんどん深みにはまっていくさまが目に見えるようです。行動を起こすときにはベストな考えでやってるんですが、それが悪循環に悪循環を重ねる。彼の作品ではいつも筋書き、プロットのすごさを感じます。psychoで「痴漢」って訳はどうかとおもいますが・・・、時代なんですねぇ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/11-ab45e09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。