本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このコーナーふるえる!落語音源では音源の紹介もしていますが、たまに演じ方のネタバレのような部分も出てきます。(誰はどんな演出であったか、などといったもの)
もし、そのようなことを知りたくないという方は、ご覧にならないことをオススメします。



噺のあらすじは「蛙の穴」さんが詳しいです。こちら

音源はこちら



冬の夜噺、夢金。
生では文朝。
音源では圓生、金馬、馬生などを聴いたことがあります。

今回取り上げるのは十代目金原亭馬生の音源。
馬生さんは私、大好きでしてね。
きれいな高い調子の声で語る人情噺には聴くものを魅了する力があります。
二番煎じ、船徳などの愉快な噺も良いですが、大阪屋花鳥、余話情浮名横櫛などの笑いがほとんどない噺も実に見事でした。

どの噺でも馬生さんが演るとどれも人情噺になっちゃう。細かい人間の感情が表れるような、それだけ人物の造形がしっかりしているのでしょう。情景の描写を直接にしないで、人物からかもしだすといった風。

で、馬生の夢金。
言葉の端端から、暗い雪の夜の静けさや寒さ冷たさが感じられる。例えば、船頭の熊が娘を舟まで連れて行くときの「あっしにかじりついていてください。桟橋に手をついたりしちゃぁ冷とうござんすから」や、熊が中洲を指して「あそこにぼぅーっと白く見えるでしょう」などのちょっとした描写から情景を感じられる。
よく考えてみると、今と違って昔、ただでさえ暗い夜に往来を照らすものといったら、大店(おおだな)から漏れる小さな明かりか、そのほかには月明かりくらいのもの。特にいっそう暗い川の上。明かりは舟についている小さなものくらいしかない。そこにぼぅーっと浮かび上がり白く見える中洲。
と、このような景色を聞き手にすんなりと想起させてくれるのです。

あと好きな場面は、熊と侍の会話。熊が酒手くれないから舟ゆする場面があります。ここで通常は侍が「舟をゆするな。みどもは泳ぎをしらん」というようなことを言いますが、馬生さんのはこうじゃぁない。熊に言わせる。
熊が「お侍さん、泳ぎぃしらねぇんでしょ。わかりまさぁ、長ぇあいだ船頭やってますからねぇ」
この演出で、雪夜の舟上という場面にさらに凄みがついてゾクゾクッ~としますよ。

ただねぇ、馬生さん。出来のいい時と悪い時の差が激しい。悪い時はなんだかワルイ、だいぶワルイ。この音源も最初のほうは、あんまり。ちょうど相談がまとまって舟に歩き始めるあたりからだんだん調子が出てきて。

最後は、スッとキレイに下げる。痛いサゲもありますが、そっちじゃないです。

音源はこちら。そういや、一緒に入っている中村仲蔵も良かったかな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 ・下げは「起こされて」ですか?
 喜多八師のとそっくりですね。喜多八師は誰に稽古してもらったのかな・・ああ、雲助師ですかね?
「夢金」もよくできた噺ですね。船宿のむさ苦しくて男臭そうな部屋と冬の大川、中州、日本橋の大店、箱入れ娘の対比の鮮やかさ・・・
 

 
2006/02/25(土) 00:36 | URL | 久蔵 #-[ 編集]
サゲは「あぁ、夢か・・・」だけです。
雲助の夢金も凄みがありそうですね。
侍じゃなくて熊のほうに。
2006/02/25(土) 01:14 | URL | 帽子空間 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/136-fae312ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。