本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Xの悲劇
エラリー・クイーン[著] / 鮎川 信夫[訳]








 ニューヨークの電車の中で起きた奇怪な殺人事件。おそるべきニコチン毒をぬったコルク玉という新手の凶器が使われたのだ。この密室犯罪の容疑者は大勢いるが、聾者の探偵、かつての名優ドルリー・レーンの捜査は、着々とあざやかに進められる。“読者よ、すべての手がかりは与えられた。犯人は誰か?”と有名な挑戦をする、本格中の本格。(アマゾンより)
 え~、クイーンです。批判すると怒られそうな大御所、もはや古典。こんなことを言っとりますが、クイーンは好きです。食指はあまり向かないんですが、読んでみると素晴らしいという。私の中ではそんな作家です。様式美なんですね、本格推理の。いいねぇ、ぞくぞくするね。
 探偵はドルリー・レーン。この探偵がやたらもったいぶる。がそれにはある理由がしっかりとあって、読み手は事件を捜査しているサム警部の視点で同じようにドルリー・レーンという探偵に熱くなることができるんです。ホームズの場合もそうですが、相棒の視点を通じて探偵の人物像を感じることができる、というのが良いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/139-ab50cc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。