本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォーン・ブース フォーン・ブース
コリン・ファレル (2006/01/13)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


 ヤリ手の宣伝屋スチュは、公衆電話にかかってきた電話を思わず取ってしまった。「電話を切ったらお前の命はない」そう告げられたスチュの胸にはライフルの照準を合わせる赤いレーザー光が。電話ボックスから出られなくなってしまったスチュが選んだ手段とは。
 電話ボックスを中心にあれだけおもしろい筋書きができるのかという驚きを感じた作品。でもニューヨークの街も出てくる人々もやたら汚い。何回fuckを言うのか、あきれるほどの汚さです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/154-880881a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。