本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥様はネットワーカ 奥様はネットワーカ
森 博嗣 (2005/01/14)
講談社

この商品の詳細を見る

-月夜に歩くのも、悪くはないさ-

 某大学工学部で多発する傷害事件。化学工学科秘書のスージィの周辺でも不審な出来事が連続し、それは遂に殺人事件にまで発展してしまう。マッドサイエンティスト・ホリや図書館司書ルナ、ヘビースモーカ・イエダ教授など合計6人の視点から謎に迫る詩的ミステリ。
 様々な視点から語られているミステリは登場人物の個性が浮き彫りになるので、感情移入しやすく私はなかなか好きな手法です。しかし物語の途中に挟まれるポエティカリなものが多くて、森ポエムがそれほどでもない人にはツライかも。結構遊び入ってる小説です。コジマさんのイラストはやっぱりいい味です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/192-bda815b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。