本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫) ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)
大庭 忠男、コリン デクスター 他 (1988/11)
早川書房
この商品の詳細を見る

-バスは来ない。しびれを切らして歩いていると
     その脇を待っていたバスが追い抜いていくのさ-


 夕闇のせまるオックスフォード。なかなか来ないウッドストック行きのバスにしびれを切らして、二人の娘がヒッチハイクを始めた。「明日の朝には笑い話になるわ」と言いながら。―その晩、ウッドストツクの酒場の中庭で、ヒッチハイクをした娘の一人が死体となって発見された。もう一人の娘はどこに消えたのか、なぜ乗名り出ないのか?次々と生じる謎にとりくむテレズ・バレイ警察のモース主任警部の推理が導き出した解答とは…。魅力的な謎、天才肌の探偵、論理のアクロバットが華麗な謎解きの世界を構築する、現代本格ミステリの最高傑作。 <「BOOK」データベースより>
 クロスワードパズルの鍵作りチャンピオンというふれこみの作者だが、謎が散りばめられているこの事件はまさにクロスワードパズルのよう。仮説を立てては壊しという推理スタイルのモース警部は、名探偵がズバッと事件を解決するような鮮やかさはないが、どこかハードボイルドな匂いがします。
★★★☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/195-1c248e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。