本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミステリアス学園 (光文社文庫) ミステリアス学園 (光文社文庫)
鯨 統一郎 (2006/04/12)
光文社

この商品の詳細を見る


 ミステリアス学園ミステリ研究会、略して「ミスミス研」。ミステリは松本清張の『砂の器』しか読んだことがない、新入部員・湾田乱人が巻き込まれる怪事件の数々。なぜか人が死んでいく。「密室」「アリバイ」「嵐の山荘」…。仲間からのミステリ講義で知識を得て、湾田が辿り着く前代未聞の結末とは!?この一冊で本格ミステリがよくわかる―鯨流超絶ミステリ。<Amazonより>
 本格ミステリとは何か、そしてその歴史は、という本格ミステリガイドブックのような連作短編。作家別の本格ミステリ度MAPやミステリ作家年表が附録としてついており、作中では本格の定義から、密室講義、アリバイ講義ダイイング・メッセージ講義が書かれており内容盛りだくさん。日本の新本格からミステリの世界に入った人にとってはなかなか参考になるでしょう。乱読してきた私には、ミステリの歴史を整理することができ、ちょっと役立ちました。ミステリとしてはいつもの鯨さんですけど・・・。
★★★☆☆(鯨節)

<あとがき>
鯨さんの本は何冊か読んでいますが、なんかこれだ!っていうのがないんだよね。悪くはないんだけど、良かったという作品が。★2つはないんだけど★3つもないみたいな・・・。なんかいい作品あったら教えてくださいな。長編読まないからかな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/204-94766d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。