本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 某日。
 都営三田線の最後尾で本を読んでいると、ハイキングウォーキングのMR.スズキックスが乗ってきた。思えば、東京に住んで1年半になるけど、有名人を見たのは初めて。スーパーイリュージョン。翁家勝之助も見かけたけど、そうですか、知りませんか・・・。そうでしょうね。

 新宿に行く。人も、たまには、普段のルートと違うところへ行かないと、ぼける。最近は東京、神保町、池袋の3つをウロウロするだけだったので、刺激になる。もちろん、平日なので人ごみもちょうど良かった。
 ある程度グルグルしたあと、紀伊国屋書店やジュンク堂。紀伊国屋vsジュンク堂、新宿東口だとジュンク堂に軍配があがる。三越の3フロアを貸し切り状態のジュンクは圧巻。まるで図書館かそれ以上。立ち並ぶ本棚。まさに本屋をエンターテイメントの場として、与えてくれている。新宿に住むことを、本気で検討しようかとさえ思う。

 とかなんとか思いつつ、店内を見ていたら、前に神田で見つけたエリアーデがなんと3巻全部揃っている!なんと!でも、五千円だからなあ・・・。少し高いところで1回飲みに行ったと思うも、なかなか踏ん切りがつかない。そういえば、以前「踏ん切り」を「糞切り」だと思っている人がいた。すごく汚い。エリアーデは、いつかなんかのいきおいで買おう。

 「レイモンド・カーヴァー傑作選」、エミリー・ブロンテ「嵐が丘」、ガルシア・マルケス「エレンディラ」を買う。いまさらの嵐が丘な気もするが、読んでいなかったのだから仕方がない。思えば、本はいろいろ読んでいるけど、いわゆる名作はあまり読んでいない。反省。

エリアーデ幻想小説全集〈第1巻〉1936‐1955 嵐が丘 エレンディラ (ちくま文庫)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もう次見つけたら即買いだよ
2007/11/13(火) 20:26 | URL | 今度は渋谷 #-[ 編集]
即買いだね。
でも、絶版のはずなのに意外と本屋にある。
2007/11/14(水) 04:04 | URL | jpj #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/216-785fd381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。