本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐が丘 嵐が丘
エミリー・ブロンテ、鴻巣 友季子 他 (2003/06)
新潮社

この商品の詳細を見る


 寒風吹きすさぶヨークシャーにそびえる〈嵐が丘〉の屋敷。その主人に拾われたヒースクリフは、屋敷の娘キャサリンに焦がれながら、若主人の虐待を耐え忍んできた。そんな彼にもたらされたキャサリンの結婚話。絶望に打ちひしがれて屋敷を去ったヒースクリフは、やがて莫大な富を得、復讐に燃えて戻ってきた……。一世紀半にわたって世界の女性を虜にした恋愛小説の“新世紀決定版”。
 古典作品も読まねば、ということで言わずと知れた古典「嵐が丘」。小説のジャンルとしては恋愛小説ということになっているが、ほんとにそうなのか?裏表紙のあらすじだと、いかにも悲劇の主人公のロマンチックな恋愛を想像してしまうが、実際には悪漢ヒースクリフの大復讐劇だった。1800年初頭イングランドの周囲と孤立した屋敷での主人の虐待や複雑な血縁関係、口を開けば出る罵倒の嵐と毒気が満載。そもそも作中にまともな人間が一人も出てこないところが恐ろしい。
 物語は事情を知らない間借り人ロックウッドに使用人ネリー(この人は唯一まともっぽいが・・・)が語り聞かせる形で書かれている。この軽快な語り口で、ヒースクリフが起こす一連の悲劇も、少しだけドタバタ風味で重すぎることなく読むことができる。
 この小説のジャンルは、私にとってゴシックサイコホラー/スリラーみたいなものでした。しかし、世界の女性を虜にした恋愛小説と銘打たれているということは、女性はヒースクリフの重戦車で突っ込んでくるような怒涛の恋愛が好きなのだろうか。
 で、この翻訳。すごく上手い。逆に上手過ぎて作中の悪意がビシバシ当たる。どうやら訳者の鴻巣友季子さん、「嵐が丘」の新訳の為に嵐が丘まで実際に足を運んだそうです。注目の翻訳家さんです。
★★★★☆(古典名作)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/220-2deee3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
荒涼とした景色の中にそびえる二つの屋敷は、〈嵐が丘〉、〈鶫の辻〉と呼ばれている。 〈鶫の辻〉を借りることになったロックウッドは、〈...
2008/01/04(金) 11:43:53 | ぱんどらの本箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。