本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みかんの歌」や「ファミレスボンバー」で有名なSEX MACHINEGUNS。
ボーカルのANCHANGを中心とした4人メンバーのヘヴィ・メタルバンド。
どうやら今のメンバーは第4期のようです。

昔のマシンガンズは(といっても2,3枚しか聴いてませんが)どちらかというと重低音をメインとした、なんていうんでしょうね、ラウドとかハードとか言われるメタル楽曲が多いと感じていました。あと、マシンガンズのボーカルのハイトーンがいまいち好きじゃなかったんです。

ヘヴィ・メタルというジャンルを簡単に(ほんとうに単純に)2つに分けるとすると、Slipknotのようなラウド、ハード系とGamma Rayのようなメロディック、パワーメタル系に分かれると思います。
ラウド系はボーカルが地から湧き出るような低い声で演奏もバスドラやベースがブンブン重低音を奏でている感じ。パワーメタル系はボーカルがハイトーンでギターがきらめくような高い音を出しているような感じ。ほんとに一般的な分け方ですが。

私は以前からストラトヴァリウスとかソナタ・アークティカとかそういった北欧系メロパワ路線を聴いてきたのです。
そこで今回のマシンガンズのアルバムもあまり期待していなかったわけですが・・・。

HEAVY METAL THUNDER

このアルバムは凄かった。
ドラムやベースの重低音組の演奏もさながら泣きのギターが入る入る!
そしてなによりボーカルのハイトーン&シャウトが見事に決まる。普通の音域とシャウトの音域のメリハリがはっきりでていていいです。あれ?このボーカルってこんな上手かったか、って感じましたよ。シングル「出前道一直線」「サスペンス劇場」、新曲の「愛人28」とかなりなパワーメタルなのでますます今後の期待が高まります。

SEX MACHINEGUNS Ⅳ。 か!な!り! グゥー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
v-269
マシンガンズの今のメンバーは、ようやくあんちゃんんが本当にやりたかった音楽を体現できるメンバーになったようで。

そっかー帽子さんって、そういう音楽が好きなのね。
2005/09/08(木) 05:46 | URL | kogenosuke #iQjsIEzE[ 編集]
おひさー。
高校時代はそんな音楽ばっかり聴いてましたよ。
最近は昔の洋楽にはまってます。

今回のマシンガンズは私ごのみのメタルなのでさらに好きになるかもしれません(笑)
2005/09/08(木) 23:30 | URL | 帽子空間 #yhWmYJxQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/23-e5cfa8f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。