本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近読書の時間がなかなか取れていない。にもかかわらず、本を買うペースは落ちていないので、部屋の各地に本の小山ができている。ちくま文庫の織田作之助や、これまたちくまのエレンディラなどのゆっくり読むタイプの往年の名作や有栖川有栖のエッセイなどはいいとして、あっちには歌野晶午の新作、こっちには落語の本まで積んであるというパラダイス状態。今はケン・グリムウッドの「リプレイ」を読んでいるのだけれど、これがまたなかなかにもどかしい。おいおい崩していくとして、今回は音楽の話題。

 いまさら、本当にいまさらだけど、SHOW-YAがいいとか言ってみる。懐古趣味もいい加減にしろと言われそうだが、懐古する時代には聴いていなかったので懐古ではないのかもしれない。SHOW-YAを知らない若い世代(私もこれに含まれるのだが・・・)の為に解説すると、SHOW-YAは1985~1998に活躍した女性五人で結成されたバンド。代表曲は「水の中の逃亡者」「私は嵐」「限界LOVERS」など。とにかく、一言で言うとバブリー女性メタルバンド。バブル時代(のものであろうと推測)の派手な衣装と髪型、ベースソロや長いギターソロなどふんだんな楽曲、ボーカルのメタル声。ソロ活動後のリタ・フォードみたいな感じ。特に髪型がすごい。明らかに前時代的のトサカヘアー(ブームは得てして前時代的である)で、今見るとキャバ嬢にしか見えない。いや、キャバ嬢にも見えない。でも、でもと言っちゃ変だけど、曲は本格的なJAPANメタルだ。メターな人にはたまらないでしょう。
 そもそもこのバンドを知ったのは、デーモン小暮のアルバム「GIRLS' ROCK(色々な歌手の楽曲を歌ったアルバム)」を聴いてから。もちろんジャパメタファンには閣下は外せない存在でしょう。
 最近の曲でもいい曲はたくさんあるけど、他人がいいというものをそのまま聴き続けると、一定の型にはめられて、番号を振られ、死ぬ。
 水前寺清子の歌に、三歩進んで二歩下がるという歌があるけど、私は逆。二歩下がって三歩進む。三歩進めているかは、この際考えないことにするけど。

SHOW-YA 動画

限界LOVERS
ボーカル入る直前のギター回し。フラフープ仕様のギターです。
私は嵐
ギター&ベース回し。ベースは重いので回すの大変そう。
ROCK'N ROLL
SHOW-YA版ROCK'N ROLL。言わずと知れたLED ZEPPELINのカバー。観客もノリノリで震えるほどすごい。ロンリロンリロンリ~~・・・・・・・。今まで聴いたZEPカバーの中で一番かも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
外部ブログは見に来るのが正直めんどい。

電子ドラムを買って早や数ヶ月。今の俺ならツーバスも自由自在に叩ける……気がする。
てなわけで、近いうちにまたスタジオ行こうー。
2008/01/30(水) 21:44 | URL | bonzo #OARS9n6I[ 編集]
行こうー、はいいけど俺はその後なにもしていないのでなにもすることがないです。キーボードでベースパートを弾くくらいならできるかなw
2008/02/07(木) 23:04 | URL | ぼーし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/233-97e8b449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。