本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかの結末 (扶桑社ミステリー)まさかの結末 (扶桑社ミステリー)
(2006/08)
E.W. ハイネ

商品詳細を見る

 ショートショートの伝統はドイツに!
ツイストと皮肉が利いた、怖くて楽しいショートショートの数々。
こんな作品がドイツで書きつづけられていたとは...
ちょっとした空き時間に読める、短い短い物語集です。<出版社から>
  最近ショートショートに凝ってます。短い話の中で起承転結があって最後にきちんと落とす。この本も「まさかの結末」というタイトルだけあって、落とす部分に命をかけています。落とし噺、落語に近い感じもしますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このまえこの本読んだよ。
ショートショートは僕も好きだけどよくわかんなかったなぁ~
2008/03/02(日) 21:23 | URL | はじめ #-[ 編集]
なんとまあ。
なんか本屋での宣伝がうまかったから買ってしまった。
2008/03/08(土) 03:26 | URL | ぼーし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/237-37ed12d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。