本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
噺まみれ 三楽亭仙朝噺まみれ 三楽亭仙朝
(2008/07/18)
和田 はつ子

商品詳細を見る
★★★☆☆
落語家が主人公のミステリー時代小説 師匠の幽霊が出るという噂を耳にした頃、師匠の家の蔵に、謎の人物が間借りを始めた。 そのふたつの出来事に秘められた陰謀を仙朝は暴く。仙朝の恋情と、 一連の事件の真相が次第に明らかになる、ミステリー時代小説!

 三題噺風に言うとお題は、ミステリ・落語・時代小説で噺家が活躍するミステリ風味小説。主人公の仙朝のモデルは、言わずもがな圓朝なんでしょう。ミステリとしてはそれほどでもないけど、落語の人情噺のような雰囲気が好き。芝浜の解釈など、なんで今までそこに気がつかなかったんだろう。落語好きなら間違いなく楽しめる。
 しかし、噺まみれ・・・・って。なんかまみれてて汚い感じもする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/268-37a575fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
八代目桂文楽 こちらは噺の題目ではありません。しかし落語好きなら知っているフレーズですね。落語家の書いた本は、落語好きをターゲット...
2008/11/07(金) 12:33:43 | 春駒日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。