本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


某日。
昼間に帰って、寝て、起きたら夕方。
おお、なにもせず1日が終わってしまった!
ということはザラの日々。あぁ、バラの日々。

好きなジャンルは?と聞かれると幻想小説と答えるようになって久しいのですが、実際聞いた方もそんなジャンルを答えられて戸惑うようで、なかなか話が続かないのです。
という私も、幻想小説といってもなかなかうまく説明できない。
「幻想小説?ファンタジーのこと?」
だ、断じて違うのである。ただその違いをいまいち分けにくい。ということで、とりあえずあまたの作品を中心にジャンル分けしてみようと思います。
あ、ちなみに分け方とジャンルの解説は、もうそうれはそれは独断と偏見であるアルヨ。

まずwikiで「幻想小説」を検索すると、「ファンタジー」に飛ばされる・・・。


◆幻想ファンタジー
ファンタジー(fantasy)は幻想的・空想的な要素が特徴的な作品が属するジャンル。

まんまです。舞台としては特に中世ヨーロッパなどが好まれて使われるようです。
ここで使われている幻想は、昔なくなってしまったものやこの世にないものを楽しむ幻想。
現代の日本人が、昭和30年代を懐かしむような懐古の情もファンタジーなのです。
つまり、西岸良平の「三丁目の夕日」*もファンタジーなわけで・・・。

基本的には、上記の「この世にないものを楽しむ幻想」と言うところで、剣と魔法の世界というのが多くを占めるのでしょう。
もちろんこのジャンルの代表作はJ・R・R・トールキン「指輪物語」*


◆幻想ミステリー
ミステリーというジャンルは音楽で言うと「ロック」みたいなもの。
掘り下げていけばハードロックにもなるし、合わせ技でクラシックロック、シンフォニックロック、ジャズロックなど様々なジャンルとの融合が可能です。
ミステリーも同様。ガチガチの本格から、社会派、純文学、ハードボイルドに+ミステリー。
世間はなんと謎に飢えていることか。

で、幻想+ミステリーだと、幻想世界の崩壊や幻想世界の中で起こるミステリー、といった作品が多いようです。ミステリーの醍醐味はやっぱりだます、どんでん返しで驚愕させる事なので幻想との相性も良いみたい。
代表作は、ネタバレになってしまうので詳しくは言えませんが、服部まゆみのある作品を挙げます。
皆川博子も幻想ミステリーですが、これはまた幻想のジャンルが異なるので後述します。


◆幻想怪奇(ホラー)
怪奇がポイントです。怪奇といえば、あの人しかいません。
御大、ラヴクラフト。クトゥルフ神話。
このジャンル、幻想怪奇の大きな特徴は、その幻想が物理的だということ。
この世のものではないものたち。怪物、幽霊、etc...
これも舞台はだいたい、怪奇となりやすい中世やパラレルワールド。
代表作はラヴクラフトの「ラヴクラフト全集」*、ヘンリー・ジェイムズ「ねじの回転」*など。
京極夏彦の作品も入ってくるかもしれません。
あとはレ・ファニュの「吸血鬼カーミラ」*とか・・・。


◆幻想ロマンス
上記の幻想に比べ、ここから幻想というジャンルは一線を引かれます。
ファンタジーや怪奇といった、物理的な幻想に比べ、この幻想ロマンスや後述の幻想耽美は精神的な世界の幻想。
小説のジャンルとしてはもっとも魅力的で浸れるジャンルです。
このジャンルの舞台は、比較的現実社会であることが多いです。
現実社会の中での幻想。夢物語というやつですが、それにロマンが乗じられます。
代表作は佐々木丸美「雪の断章」*やウィリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチ)の作品など。
特にウィリアム・アイリッシュはロマンス全開のフルスロットルです。
ちなみに乾くるみの「イニシエーション・ラブ」*もこのジャンルかと。
そう言われると、ピンとくる方も多いのではないでしょうか。


◆幻想耽美
すべての幻想はここに回帰します。
つまり、幻想耽美こそ、幻想の中の幻想なのです。
一般的に私が言う幻想小説とは、幻想耽美のことを指すのです。
幻想的な世界、耽美な世界。それがレトリックとなって、小説の世界観を醸し出す。そのような作品群。
代表作は
皆川博子「聖女の島」*
シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」*
ミルチャ・エリアーデ「令嬢クリスティナ」*
ナボコフ「ロリータ」*

単純に言うならば、それは妄想です。
しかし、ただの妄想ではない。小説のレトリックにおける、徹底した耽美なのです。


とまあ、いろいろ書きなぐりましたが、私が言いたいのは

「すべての小説は幻想である。」

この一言のみです。
とりあえず私としては、幻想小説とファンタジーはどうにか分けて欲しいなあと思うのですが、なかなか・・・。
幻想小説のジャンル分けが、せめて今のミステリーほど確立されれば、幻想文学が日の目を見る日も近いことでしょう。
それまではともに幻想を楽しみましょう。ともに世を呪いましょう。





























*三丁目の夕日
三丁目の夕日傑作集 (その1) (ビッグコミックススペシャル)
*指輪物語
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)





















*ラヴクラフト全集
ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
*ねじの回転
ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元SF文庫)
*吸血鬼カーミラ
吸血鬼カーミラ (子どものための世界文学の森)
*雪の断章
雪の断章 (佐々木丸美コレクション)
*イニシエーション・ラブ
イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)





*聖女の島
聖女の島 (講談社ノベルス ミB- 4 綾辻・有栖川復刊セレクション)
*ずっとお城で暮らしてる
ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫 F シ 5-2)
*令嬢クリスティナ
エリアーデ幻想小説全集〈第1巻〉1936‐1955
*ロリータ
ロリータ (新潮文庫)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/269-a25c2648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
??????Ĥ?ξ?
2008/10/22(水) 09:01:09 | ????
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。