本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


某日。
休日なので早起きして、復刊したシャーリイ・ジャクスンの「丘の屋敷」*を読む。
不思議な体験や心霊体験者が丘の屋敷に集められて、屋敷で起こる奇妙な出来事をさぐるうちに過去にその屋敷で起きた忌まわしい事件が明らかになり・・・。
なんだか幽霊だの心霊だの言っているが、そこは「魔女」とまで言われたシャーリイさんならば、ただの幽霊話なんかではないはず・・・と思って読み始めたら、初っ端から悲しいエレーナがいじめれてる・・・。
シャーリイ・ジャクスンの書く、「第三者の悪意」というのは底知れず怖く、それに巻き込まれるように主人公もだんだん狂っていく。狂気だ!これぞ、幻想だ!こんな作風なのに、育児のドタバタエッセイみたいなのも書いちゃうんだから、まったくこの人は・・・。

昼、プラッと神田古本まつりへ。
やっぱり神保町は古本街だけあって、古本市も規模が違う。なんと1週間もやっているのだ。
1週間、街が古本と古本ハンターでゴチャゴチャになる。なんか一昔前の秋葉原*のようになって、普通に神保町で働いているビジネスマンには迷惑そう、だが俺が神保町のビジネスマンだったら、路上にあふれかえる本が気になって気になって1週間仕事にならない。

そういえば、5000円のエリアーデ*を見つけてワアワア言ったり、時の人になる前の桜庭一樹読書日記をたまたま買って大当たりでその後の読書ジャンルが大いに変わったり、あれからもう1年か~などと考えて歩いていると、どこをどう間違えたのかヴィレッジバンガード前に出る。
あれ?こんなところにあったんだ、ここはひとつ冷やかしてやりましょう。と、入ったとたんムチャクチャ好みのピアノロックが流れていて、虜になる。しかも、なんかディスプレイされてて目の前で売ってる!*
いや、クラシックピアノはダメなんだけど、ジャズピアノは好きで、というかピアノとカホン(ドラムだ、たぶん)のコンビはずるいだろ~やったもん勝ちだろ~。しかも店で流して売るなよ~、とさんざん悩んだ挙句、衝動買いする。

その後、良く行く幻想書店の羊頭書房へ。
フフフ、フフフ、フ、フレドリック・ブラウンがほぼ500円均一。
清水義範の本の中で、フレドリック・ブラウンが出てきて、昔1冊読んだらなかなかのヒットだったからそれ以後いろいろ探している作家なのだが、どこにもない。
SFが本業の人だけど、むしろそれよりミステリ系のほうがおもしろいのだ。
しかし、ぜんぜん復刊されないし、古書店によっては法外な値段がついてるし・・・とあきらめかけていたら奇跡の遭遇。
4冊購入して、カバンがおも~くなったので帰宅。
今回はすずらん通りのブックフェスティバルがやっていなかったので、期間中にまた行きます。




*丘の屋敷
丘の屋敷 (創元推理文庫)
映画「たたり」の原作。クレア・ブルームが出ている古い映画を見たいが・・・レンタル屋になさそう。









*一昔前の秋葉原
今のオタク系ではなくて、電脳系だったころの事です。


*5000円のエリアーデ
エリアーデ幻想小説全集〈第1巻〉1936‐1955
結局、後になって買った。大切に読みすぎて、まだ読み終わってなかったりする。



*ピアノロック
First Contact
→Pia-no-jaC←
という名前のコンビ。打ちつけるようなピアノ!ドラム!ドラムンピアノ!






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/271-051e2aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。