本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


某日。
世間同様、突然風邪をひく。
なんか最近ゴホゴホやってる人が多い。
突然の寒空だからなあ。
というわけで、喉がつらい辰巳さんと同じく銀のベンザ*
しかし実際、せきが出た時はのど飴に頼るしかなく、せきが出るたびにのど飴、のど飴という状態で、なんか中毒患者のようである。

夜、ずっと見たかったけど、3時間もあるので見てなかった映画「ドッグヴィル」*を見る。
お。チョークで線引きしただけの舞台に役者を立たせての芝居でなんか新鮮な感じ。
そういう舞台にしたのは、中盤あたりで、やっと監督の狙いに気付くのだが、まあ、退屈な気も・・・。
し、しかし、それ以上にストーリーがひどい・・・。
男の煩悩と女の愚かさを描いただけですなぁ。
ああ、ニコール・キッドマン、かわいそう・・・。
住民が23人しかいない閉鎖された村の話、ということで小説だとなかなか空想をかき立てられて面白いんですが、映像になるとひたすら生々しいだけでした。
まあ、後味悪いといえば悪いけど、最後はあれしかないですね。良し悪しは別にして。
う、後味の悪さにせきが止まらん・・・。

主演はニコール・キッドマンとポール・ベタニー。
ポールの埋もれっぷりが最高にいい映画でした。
いやぁ、やっぱりベタニーは名優です。





*銀のベンザ
ベンザブロック。症状に分けて3つにするのはひどい。あんま利かないし・・・。


*ドッグヴィル
ドッグヴィル スタンダード・エディション
最後まで見ると、ああ、ドッグヴィルってそういうことね。とささやかな謎解き。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/276-c6bc93c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。