本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語の世界
今村 信雄著










 明治・大正・昭和、華やかだった落語界を支えてきた名人たちの芸談やこぼれ話、風俗話。1つの話しがだいたい2ページくらいのコラム形式になっていて、手軽に楽しめます。このコラムでは、円朝円喬の時代から、初代円遊、二代目小円朝や三代目小さん、そして現在CDなどで聴くことができる六代目円生三代目金馬あたりまでのエピソードがまとめられております。昔の寄席の形や芸人魂を感じることのできる1冊。今ではなくなってしまった東京の寄席、きびしいドサ廻りなども読むことができなかなか勉強になります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/28-df3c9be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。