本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
密室の鍵貸します
東川篤哉[著]











 戸村流平は、茂呂耕作と、紺野由紀の2人の死への嫌疑をかけられた。由紀の死に関しては完璧にアリバイがあるのだが、それを主張できない。由紀が死んだ夜、鍵のかかった茂呂の部屋で、彼の死体を発見していたから…。(「MARC」データベースより)
 ロジカルなミステリ・コメディといったところです。しかしちゃんとした謎とロジックがメインとなっています。著者も最初のほうで書いていますが、テンポを重視して無駄を省いた軽快な文章。ギャグもいい味出してます。他の作品も読んでみたい作家。なんといってもタイトルがセンスいいですなぁ~、内容は映画のようにロマンチックではないかもしれないけど・・・。気軽に読める作家です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/30-e0090036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。