本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ごぶさたしていましたが私のLifeWork(LW)であります「ふるえる!落語音源」第2弾です。
今回は六代目 三遊亭圓生の「代脈」
花形落語特撰「代脈」「真田小僧」 テイチク TECR-20028

大まかなあらすじは・・・

ある漢方の名医が、愚かな弟子を少しでも修行させてやろうと代脈へ遣わせる。代脈とは現在の代診のこと。名医は弟子に、医者の作法や診察の注意点などをこと細かに教えるがそんなことはまったく守るような弟子ではない。代脈に行き相手先を引っ掻き回したあげくに・・・。

円生はこの愚かな弟子をただの愚か者として演じるのではなく、わざと愚かしいようなことをして周りを焦らせたり茶化したりするのを楽しんでいるような者として演じています。その調子が聴いていて実に愉快で思わずにやけてしまいます。

味のある人情噺を得意とする円生ですが、こうした軽い滑稽噺も非常におもしろい。声も通り、噺の展開をしっかりと構成しているので初心者でもふるえることの出来る噺家だとおもいます。さすが「昭和の名人」とまで言われた師匠です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/35-90c9f937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。