本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン書店ビーケーワン:バスカビル家の犬

 コナン・ドイル原作のシャーロックホームズ冒険譚「バスカビル家の犬」を、ハードボイルドなどで有名な作家、大沢在昌が愉快に翻訳。
 通称「馬鹿犬」ですね。作家が訳しているからか、翻訳によく見られがちであるいかにも訳したであろう堅苦しい文章ではないです。ユーモアもあり、シャーロックホームズ像も理想どおりに書けていて(あくまでも私の主観においてです)軽く読める1冊。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/4-eb17eaec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。