本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜プラス1
ギャビン・ライアル著 / 菊池 光訳







 ビジネス・エージェントのルイス・ケインは、マガンハルトという男をリヒテンシュタインへ送り届ける依頼を引き受けた。しかしマガンハルトはフランス警察、商売敵に追われていた。それらの執拗な妨害を巧みにかわし、ケインは走る。
 ハードボイルドの名作といわれる作品。ケインの仲間や、マガンハルトを追いかけている敵は大戦のレジスタンス時代の仲間。お互いに戦っている相手は、実は自分の中にひそむ闇。一線から退いた工作員ケイン、アル中のガンマンハーヴェイなど、自分の中の戦うべき現状と戦いながら今回の任務に挑む。男臭さがにおう作品。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/5-6e3caf3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。