本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









 ミステリに関わるあれこれを中心としたエッセイ。古今東西の書物や、映画、ミステリ以外の分野の話題も数多く扱っている。ミステリガイドとして読めるところも良い。しかしミステリ小説紹介のときにあらすじを大方紹介してしまっていることが多いのは、いかがなものか。例えばある本について、「究極のどんでん返しが!」と紹介しただけでも読者は「あぁ、最後のほうで今までの論理をひっくり返すねんな」と意識下に認識してしまう。最終的にどんでん返しがある、という認識で読みすすめどんでん返されたときと、どんでん返しがあるとも思わずどんでん返されたときの衝撃はどちらが効果的なものになるだろうか。今回は少々くどすぎたことを、反省してはいる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/59-920016a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。