本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン書店ビーケーワン:ホッグ連続殺人

 凍りついた小さな街スパータで連続殺人がおこる。不可能とも思える状況下で犯行がおこなわれ、HOGと名乗る犯行声明が届く。事件解決に頭を悩ませた警察は、犯罪研究家ベイネデイッティ教授に捜査を依頼した。HOGは誰なのか?その目的は?デアンドリアの2作目の作品。
 物語はなかなかステキなものでした。しかし・・・。名作といわれる物ですが、どうも少し古臭くなってしまっているかもしれません。結末が簡単に割れてしまう印象を受けました。これ以外ありえないじゃんか、というような。探偵の魅力もあまりないし・・・。また言葉遊びの要素も少なからず入っているため、翻訳がいまいちだったり。つまらなくはないんですが、そのような点が少し残念な1冊。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/6-23baebbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。