本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我々a Killersが13日、大学祭で行ったライブのセットリストとその解説です。

1.みかんのうた(SEX MACHINEGUNS)

おなじみ(?)マシンガンズ、みかんのうた。
この曲ではボーカル。
曲に入るまえの盛り上げでさっそくドラムとタイミングをずらす。
曲そのものの出来はなかなか。
サビの部分の「みかんみかんみかん」では半ばヤケクソになった。
ちょっとのぞきに来たお客さんも多かった。(すぐ帰ったけど)

2.The Handshake(BAD RELIGION)

俺の最も尊敬するバンドの一つであるバッド・レリジョンからノリノリの曲。この曲でもボーカル。自分ではまあまあの出来と感じたが、お客さんはポカンとしていたらしい。(俺にはそうは見えなかったが)
fuck the handshake である。

3.Achilles Last Stand(LED ZEPPELIN)

ここではベース。
ボーカルにはS氏をまねいた。
アキレス。これは速かった。10分半くらいの曲だが、たぶん9分くらいで終わっていただろう。ボーカルとギターがふりおとされ気味のリズム演奏となる。
S氏は苦労した(ようだ)

4.Babe I'm Gonna Leave You(LED ZEPPELIN)

この曲はボーカル。
やはりZEPの曲をやる無謀さを感じた。
途中歌詞を忘却せしめ、以後ボーカルがアドリブになった。
ムチャクチャである。
キメだけは決まった。
しかし、意に反しお客さんの評判は良かったらしい。
まったくもって謎。

5.Supersonic(BAD RELIGION)

この曲もボーカル。
(歌う側としては)ノリノリの曲。
しかしここでもお客さんはポカンと・・・らしい。

6.DAHLIA(X JAPAN)

この曲ではXの声に近いO氏を招く。
俺はベース。
2番のベースはテキトーだったが、その後のベースソロではドラムとばっちり合う。
O氏には去年もボーカルをやってもらったが、今回は落ち着いた声が堂々と響いていた。


とまあ、こんな感じ。
あとで見返してみると

マシンガンズ
 バッド・レリジョン
  ゼッペリン
  ゼッペリン
 バッド・レリジョン
Xジャパン

というおもしろいサンドイッチ構造になっていた。
また、観客としては日本の曲のほうが受けがいいようだ。
うむ、今後はBadReligion1本で行こうと思ったのだがどうやら難しいようだ。
今のところマシンガンズとXJAPANの2本柱で行くという計画ができつつある。
恐ろしいことだ。くわばらくわばら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日までどうもありがとう!
中学のときから頭の片隅にはあったんだよね。
それが達成させてすっきりしましたよ。
いやー実にいい経験させてもらいました!
2005/11/13(日) 23:29 | URL | 2005/11/13 23:30 #-[ 編集]
今日は、本当にありがとう!
細かいミスはあったのかもしれないけど、バッチリでした。
もう一生の思い出ですよ!

2005/11/14(月) 00:11 | URL | あんじろう #-[ 編集]
やはりZepは難しい。単純な、譜面をコピーする技術だけではなく
『魅せる』演奏が出来ないと、こいつらの真似は出来ない。

ゴナが評判良かったのはドラムが五月蝿くないからだと推測  orz

さて、管理人さんの文中には、何やら不穏な発言もあり
色々言いたいことはあるけど、ここでは演奏する側の意見として、今回のベストは
The HandShakeだったとだけ言っておくよ。GJ!
2005/11/15(火) 17:25 | URL | bonzo #-[ 編集]
zepはアドリブであわせて曲になるくらいの演奏をしないとあのすごさはでないな。
ところでXはともかくsexはやる曲がほかにないですよ。
ニューアルバムは楽譜ないし
2005/11/15(火) 21:15 | URL | 帽子空間 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/60-f4c352e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。