本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻獣遁走曲
倉知 淳[著]









 あるときは幻の珍獣アカマダラタガマモドキの捜索隊員、あるときは松茸狩りの案内人、あるときは着ぐるみの中の人、と一風変わったアルバイトで遭遇した珍事件を作者おなじみの探偵・猫丸先輩が、見事なオチをつける短編集。
 事件は日常のちょっとした出来事であり、非常にほんわかした雰囲気で語られて行く。殺人事件などの強烈なインパクトのない"日常ミステリ"は、下手するとダレがちになってしまうことも多いが、この作品集は全編を通して愉快である。ミステリ的なトリック、伏線などはもちろんのこと、この作者の文章が非常に読みやすく端的にまとまっている印象を受け、小説としておもしろく仕上がっているからだ。倉知淳、この作家もオススメです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/72-f215ad9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。