本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緋色の研究
コナン・ドイル〔著〕 / 延原 謙[訳]






 探偵小説の元祖とでもいうべきシャーロック・ホームズの第1作目。ワトスンとホームズの出会いから、次々とおこる事件の解明。第1部、第2部と2部構成になっている。特に2部は冒険小説風であり、その時代背景、叙景描写などを克明に交えており、それがさらにいっそう物語をおもしろいものにしている。
 やはり探偵はシャーロック・ホームズ。とても愉快でスマートな探偵である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/74-60516f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。