本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自殺の殺人
エリザベス・フェラーズ[著] / 中村 有希[訳]









 嵐の夜に自殺しようとした男を助けたトビーとジョージ。その男は翌日、一発の銃弾とともにこの世を去る。自殺か他殺か。男の周辺を飾る人々は何を考えているのか。事の真相はいかに。
 自殺か他殺かをめぐり推理が様々に展開されていく作品。自殺か、もしくは他殺か、それとも自殺と見せかけた他殺か、自殺と見せかけた他殺と見せかけた自殺、自殺と見せかけた他殺と見せかけた自殺と見せかけて実は他殺か、自殺と・・・・・・。
 またこの作品はユーモラスであり探偵を皮肉った展開が多く、ウィットに㌧だ会話や情景を楽しむことが出来る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/77-d45b1831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。