本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パズル崩壊
法月 綸太郎[著]









 一本の懐中電灯から完全犯罪が崩壊する。リュウ・アーチャーを主人公にした事件。八つの短編からなる法月綸太郎第2短編集。
 まず1作目「重ねて2つ」がぶっ飛んでます。まあ題名から想像つくと思いますが。基本的に前半は割と良作が多く、「懐中電灯」は本格推理物としてよくできていますし「トランスミッション」なんて、こんなユーモア作品も書けたのかと驚かせるような代物。しかし後半はちょっとついていけない感があります。「ロス・マクドナルド~」も途中からワヤワヤになるし「カットアウト」にいたっては単調で短調。まア、まずまずの作品集ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バブル崩壊と間違えた(笑
2005/12/29(木) 14:31 | URL | あんじろう #-[ 編集]
2005/12/31(土) 00:45 | URL | 権兵衛狸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/85-ccf6039b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。