本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 遅々として進まない卒論で手一杯なのに、なぜかまた自己PRを練らなければならないという問題が提起される。キャパシティの少ないところに演算処理がほどこされオーバーフロー誤差が発生したため俺のDRAMをリフレッシュすべく散歩がてらBOOKOFFへ。

 店内に入ると早速
「いらっしゃいませー、こんにちはー」
が3連呼。メンタン、ドラ2ときてドンドンのハネ満。

 どうもBOOKOFFの挨拶マニュアルは一人が「いらっしゃいませー、こんにちはー」を発動させるとそれが聴こえる場所にいた店員は誘爆して「いらっしゃいませー、こんにちはー」を繰り出すようです。
 また他のパターンとしては、客が商品を買ったあとに店員が「お家にお売りいただける本がございましたら是非お持ちください」というとその声が届く範囲内にいる店員がいっせいに「お売りくださ~い」と叫ぶのもあります。
 大型の店舗ならともかく、コンビニサイズの店舗でやられるとかなりうるさい。ひっきりなしに店員があいさつしているという状態ですから。最近ではもうすっかり慣れましたが、すこし前まではかなりうっとうしく感じたものです。

 だいたい好きな作家の本は読んだし、読みたい本はマイナーなものが多いので最近BOOKOFFも使っていませんでしたが、今回は清水義範の「バードケージ」を発見。「1億円あげます。3ヶ月以内に使い切ってください」というゲームに主人公がチャレンジするという内容。この設定がおもしろそうで購入。近ごろハードカバーがたまりつつあります。

 家に帰ると鳳楽師匠からはがきが来てました。27日にサニーホールで独演会。『初天神』『茶金』の2席。久しぶりに行くかなあ。しかし行ってる場合じゃないなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
是非行くべきだと思います。むしろ、その状況下だからこそ行くのがいいのではありませんか!(笑)
2006/01/13(金) 21:21 | URL | meridiani #mQop/nM.[ 編集]
たぶんその頃はパワポ作りに追われてるだろうね
2006/01/13(金) 23:20 | URL | 帽子空間 #-[ 編集]
「戦場にかける橋」を見た後に
「猿の惑星」を見ると
なんともやるせない気持ちになるねえ

グリム童話に倣う皮肉的な嗜虐性ギミック
2006/01/16(月) 15:58 | URL | 権兵衛狸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/89-f9f054df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。