本の紹介や読書日記。作家別一覧は「カテゴリー」からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生贄を抱く夜
西沢 保彦[著]





歪んだココロが
     超能力になる時
       事件が、起こる


 嫌々招かれた豪邸で突然意識を失ったOL波子は、何故か手足を縛られ裸同然の姿に。そして雷鳴が轟く密室の中、「あの女」の死体が現れた! 歪んだ人間関係と超能力が交錯する表題作他6篇を収録。神麻嗣子シリーズ第7弾!(bk1より)
 パズル的な要素を得意とする西澤保彦<チョーモンイン>シリーズ第7弾。常識を裏切ったさまざまな超能力を使う犯罪者たちを完全なロジックで解くという本格ミステリ。作品ごとに犯人の使える超能力が異なり、例えばテレポーテーションだけできたり、発火することだけできたり。そんな犯人たちが計画した超能力完全犯罪を推理で解きあかす、というシリーズ。
 最後の話「情熱と無駄のあいだ」は爆笑必至。
 物語としてもおもしろく、特に心の歪みを描いている作品が多い。西澤作品は登場人物の心理描写が濃厚に描かれており、そこから滲み出す人生観がたまりません。しかし、近ごろドンドン官能性を増す西澤。この短編も少しポルノ入ってます。

①「幻惑密室」*
②「実況中死」*
③「念力密室!」
④「夢幻巡礼」*
⑤「転・送・密・室」
⑥「人形幻戯」
⑦「生贄を抱く夜」

*は長編

 このシリーズは長編は少ないです。このシリーズもいいですねぇ。特に短編集はそのちょうど良い重さ(軽さのほうが適切です)が大好きです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
http://blog.livedoor.jp/ai_kojima2000/写メもあるので恥ずかしいケドがんばって作ったので見に来てください!
2006/01/21(土) 20:44 | URL | 愛 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakugomaister.blog21.fc2.com/tb.php/98-19053f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。